ナメクジを根絶する

ナメクジの誘引殺虫剤が売られているが、ばら撒きやスプレーは雨で流失し、ビールも腐敗や後始末が問題となって続けることが難しい。ナメクジ退治は長期持続して行わないと根絶が難しく、効果の長期維持が課題のようだ。そこで次のようなものを考案した。

DSC000155 DSC000184

用意するものは誘引殺虫剤と、2種類の皿「とんすい」と小皿。小皿はとんすいより小さいものでなければらなない。小皿に誘引殺虫剤(ペレット)を入れて写真のようにとんすいを裏返しに被せておく。とんすいの隙間からナメクジが侵入して餌を食べるしくみだ。
このシステムのメリットは屋外の風雨に耐えるので置き場所を選ばず、しかも長期間効果が持続する点にある。使う薬剤もごくわずかだ。

 

DSC000223 DSC000191

成果はすぐに現れる。黒い干物のようなものは死んで干からびたナメクジ。成果が明確に確認できて死骸が誘引効果に悪影響を及ぼすことがない。乾燥ペレットでもナメクジは寄ってきて食べるので、エサ持ちもよい。
右の皿は地面の上で大雨と台風を経験したものだが中身は異常ない。黒い小さな粒はダンゴムシの糞。ナメクジよりダンゴムシで消費される量の方が多いようだ。

このシステムのメンテナンスは、時々様子を見て死骸が増えたりエサが痛んでいたら洗って餌を入れ替える。最初は数週間ごと、最終的には半年くらいほったらかしでいいかもしれない。庭に数箇所設置し、ナメクジが獲れなくなったら場所を移動させる。古いエサはナメクジの食いも良くないようだ。釣りと同じようにエサは鮮度も大切だ。

 

 家の周りにはナメクジの他にムカデ、クモ、ゲジゲジ、ハサミムシ、ダンゴムシ、蜂がいる。これらは不快に思われがちだが我が家では大目に見ている。彼らは無害、もしくは私たちの役に立つ「益虫」だ。彼らのおかげか、家にはゴキブリがいない。ゴキブリを目の敵にするならその天敵を排除しないことも大切だ。
 ムカデは嫌われものだが、こちらが手を出さない限り相手は何もしない。寝ているときムカデが顔に乗ってきた場合どうするか?このとき驚いて動いたり、手で払いのけようとすると噛まれることがある。そのまま動かずに顔の上を通り過ぎるのを待って、柄の長いトングなどで挟み外に出ていただくのが正解だ。

 

<参考購入先>
ナメクジ誘引殺虫剤
とんすい 沢山使う場合はまとめ買いがオトクです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です