時計工具セットの選び方~海外高級時計は女性にアピールできるか

 今まで気になっていた時計工具セットを検討してみた。最初に買ったのは2千円前後で売られている中国製の激安セット(写真)で、一通りのものが揃っている。しかし物はまさにオモチャ。外観はブランド工具に似ているが品質は酷いものだ。

 とはいえ、まったく使えないわけでもない。良い工具は値段もそれなりになる。一般消費者の電池交換の頻度からいって、この価格と品質は妥当なのかもしれない。電池交換の費用に対し工具があまり高いとDIYする意味が無い。

DSC000113 DSC000132

 粗悪な工具を使って大切な時計にキズでも付いたら本末転倒、そう考える人もいると思う。では時計店に出したら安心かというとそうでもない。この場合の悲劇は海外時計を買った場合に起こる。

 通販や量販店で高価な海外時計を扱うところがあるが、販売とメンテナンスは別に考えた方が良い。量販店でも電池交換をやるが、私は1度リューズを壊され、目立つコジアケ傷をつけられたこともある。

 個人経営の時計店に海外時計を持ち込むのもやめた方が良い。結局安心を求めると正規代理店か、メーカに出すしかないが、時間がかかるうえ料金も高い。素直にセイコーやシチズンを買っておけばこういう問題は起こらない。

 

 DIY向けの良質な工具がほしいが、市場には低品質の激安工具と職人が使う高価な工具の両極端で、中間グレードが少ない。今回はこれを調査した。

 防水時計用の裏蓋を空けるには専用工具(オープナー)が要る。これはジャパンホビーツールのカニ型オープナーが良質な中間グレードに該当する。DIYに自身のある人は安物の3点式オープナーを改造&仕上してもいい。オール金属製の3点式オープナーはビットのバリと機構のガタを丁寧に修正すれば立派な工具になれる素質がある。

 

 コジアケはMKS(明工舎)のベーク(広)がお勧め。同タイプの(細)はレディス用かと思ったが先端の角度が大きすぎて細い隙間の時計には使えない。

 オープナーを使う際、時計をきちんと固定するための固定台が必要。ワークの固定は作業の基本だ。

 

DSC001362

 写真の黄色い固定台はアマゾンで見つけた商品。底部が段になっていて写真のようにバイスに固定できる。

 

DSC001311 レビュートーメンの200M防水蓋をコジアケであけたところ。開けたはいいが閉まらない。高圧防水時計で起こりやすい問題のようだ。

 

DSC001441 苦労の挙句、圧入工具(裏蓋閉め器)を使うことに。写真は実売2千円台の中国製激安商品だが、モノは問題ない。どうしても閉らなかったレビュートーメンの硬い蓋もあっけなく締まった。

 

 

 スマホやケータイが普及した現在では時間を見る目的のために時計を持つ必要性がほとんど無い。時計は時間を知ることの他に、ファッションの一部としてライフスタイルを演出する役割がある。

 とはいえ時計の露出面積はとても小さいので、衣類や靴に比べると遠くからのアピールはできない。懐中時計だけは別で、ジッポライターのように時間を見るアクションをカッコよく演出できる可能性がある。

 腕時計のアピールが最高になるシチュエーションは、相手の目の前で机に肘を出した時ではないか。このとき、相手にどういう印象を与えるかが問題になるが、大抵の人はそこまで考えず自己満足で商品を選ぶ。サラリーマンが高価な海外時計を目の前でチラつかせたら、大抵の相手はいい印象を持たない。

 第三者印象で最も無難な選択はセイコーかシチズン。相手が女性の場合でも同じだろう。どうせ時計をするなら「それ変わってるね」となって、時計をきっかけに話題が盛り上がる、そんな商品がいい。

 

<参考購入先>
MKSの時計工具セット MKSの工具は時計職人の定番。コジアケ(F-20268)、バネ棒外し(F-20281)、ブレスレットアジャストツールセット(F-200007)などはここから買います
ジャパンホビーツールの時計工具 交換頻度が少なければこれで十分
時計の保持器 SEIKO S-212は最も優れた保持器のひとつ
BERGEONのブランド工具
面白い腕時計 女性受けしそうな腕時計

<関連記事>
時計の関連記事