プレサージュに見るセイコーの品質問題

 オープンハートの時計が欲しくてプレサージュを買ってみた。セイコー5と並べてみると一回り大きく、かなりの重量感がある。通常時計は軽くて小さいものが求められるが、この大きさと重さは「機械式」を実感させ逆に心地よい。


DSC0029501 DSC0030001

 大きい時計は腕とバンドの付け根に隙間が空く場合があるが、プレサージュはバンド付根付近が大きくカーブしているため細い腕につけても違和感がないうえ、側面も綺麗な曲面に仕上げられていてよくある「缶」のイメージがない。気になるのはリューズがやや大きいと感じる点くらい。

 こうして比較するとセイコー5がとても軽量コンパクトにできていることに気づく。セイコー5はデザイン、性能、実用性のバランス面できわめて優秀な時計の一つに違いない。ここ一週間の精度は日差5秒以内。1秒もズレない日もあり中身は優秀だ。
 値段は安く、プレサージュ1本買うお金でセイコー5が3~5本買える。セイコー5は用途や服に合わせて色違いを揃えるといった贅沢な運用も可能だ。

 

 バンド調整はMKSの工具セットを使って自分で出来る。ピン押出式だがCリングが入っているので無くさないよう注意がいる。ちなみにセイコー5は板バネ式。千枚通しがあれば調整できるが板バネが固くて抜くのが大変だった。

 黒の文字盤はゴミが目立つ。ルーペで観察すると結構ゴミが付いていることがわかる。肉眼で見える場合もある。時計はクリーンルームのようなダストの少ない環境で組み立てられているわけではないようだ。プレサージュは外周の細かい目盛とインデックスが少しズレている。ネット上の写真をみてもズレているので、品質なのだろう。こういうところは実用上問題なくても精密機械の「商品イメージ」を損ねる。

 どちらも値段からして使い捨ての消耗品だが安い分、傷や汚れを気にせず普段使いできる。調子が悪くなったら新品を買っても良いし、自分でOHにトライするのもいい。3針のシンプルなものを選んでおくと、OHにせよ、修理にせよ、後々負担が少なくて済む。

 

<参考購入先>
MKSの時計工具セット バネ棒外し(F-20281)、ブレスレットアジャストツールセット(F-200007)など揃えておくと、ネットで時計を購入しても困りません
セイコー5
セイコーメカニカル セイコー5の上位機種。サファイアガラスとハック(秒針停止)機能が追加される
セイコー プレサージュ オープンハートで一番安価な実用時計

 

<関連記事>
時計の関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です