ワセリンでインフルエンザを予防する

 インフルエンザウイルスはエンベロープと呼ばれる膜をもつ。これが脂質から成るため、エタノールや有機溶媒、石けんなどで容易に破壊されてウイルスを不活性化できる[Wiki]。いたる所でエタノール消毒液をみかけるのはこのような理屈で効果が期待できるためだ。

 

 店舗の入口で消毒してもカートの取手やエレベーターのボタンに触れれば、再び手に菌やウイルスが付着してしまうので注意したい。

 

 のどや鼻の粘膜から直接侵入するウイルスの対策は「マスク」しかないのが現状だ。マスクは飛沫感染や粘膜の乾燥防止に一定の効果があるがウイルスに対してはザルに等しく、装着していない時間は無防備になる。

 私は毎年冬場になると鼻の粘膜が乾燥し「ドライノーズ」になる。これは朝鼻をかむと血がまじることでわかる。ドライノーズになると粘膜の繊毛運動が弱まりウイルスやバイ菌に対する防御力が弱まるとされている。

 

 花粉症予防に鼻の周りに塗るだけの薬剤が市販されている。試したところ確かに効果がある。マスクをしなくて済むのが何より有り難い。薬の能書きは怪しいが、この理屈は鼻の周りに塗布した粘着物によるトラップに違いない。接触したものは確実にトラップするのでそれなりに効果があるのだろう。

 もしかしたら鼻の周りに粘着剤(オイル)を塗ればウイルスもトラップできるかもしれない。鼻の奥まで塗り込めば、少なくともドライノーズは予防できるに違いない。実は、花粉をトラップする上記塗り薬にもウイルスに対する効果がうたわれている。また、ドライノーズの治療にワセリンが使われているらしい。ということは、

 

オイルを粘膜に塗布→ドライノーズ改善→繊毛運動活性化→感染予防力UP

オイルを粘膜に塗布→ウイルスを粘着トラップ→侵入抑制

 

という作用は少なくとも期待できそうだ。私は、

 

オイルを粘膜に塗布→ウイルスを粘着トラップ→エンペローブ溶損→ウイルス不活性化

 

みたいなことを期待しているのだが、どうだろう。

 ワセリンは粘度が高すぎて扱いずらい場合がある。この場合は以前紹介したスキンケアオイル(ワセリンをスクワランオイルで希釈したもの)を使うといい。無色無味無臭のため、鼻の奥まで塗り込んでも違和感はない。効果の持続時間は、塗り方にもよるが4~8時間くらい。

 実験台は私と娘の2名。長男は未処置とした。朝と寝る前に鼻の周りと指が届く範囲で鼻の奥まで塗る。結果はいまのところ調子よい。今年は朝方鼻をかんでも血が出ないことからドライノーズは確かに改善している。長男は年末に風をひいてしまったが、私と娘は今のところぴんぴんしている。毎年冬はなんとなく体調が悪い日が続くことが多かったが今年は何ともない。今年は防寒以外の目的でマスクはしていない。

 このスキンケアオイルは冬場は風邪の予防と肌の乾燥防止の両方に役立ちそうだ。春先は花粉予防に役立つかもしれない。引き続き様子を見ていきたい。

 

<関連商品>
花粉ブロック 粘着でトラップする塗り薬です
スクワランオイル 純度の高いものほど劣化しません。価格と効果は無関係です。コストパフォーマンスで選んでください
白色ワセリン 薬局でも入手できる万能薬
鋼球 分離したときの混合に使います。6mm以上のものを使ってください

<関連記事>
乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた! スキンケアオイルの作り方はこちらをご参照

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です