進撃のApple~iWatchの脅威!時計業界は生き残れるか

 「Appleの進撃で時計業界が滅ぼされる」と、関係者は戦々恐々らしい。ヒトの左手首は100年以上「時計」が占有してきた。この領域を狙って「ウエアラブル」「スマート」と名の付く商品が多く出現したが、普及した例はない※1。これらのデバイスがなぜ腕時計の代わりになれないのか。その理由は腕時計がStep4(後述のリンク参照)まで進化していることと関係ありそうだ。Step1やStep2の「にわか仕込み」の商品では、時計の替わりになれないのである。

 

 今まで沢山のウェアラブルデバイスが作られてきたのに、なぜAppleだけが驚異に見えるのか。私にはiWatchがStep2以上に見える。このように進化度の高いデバイスが左手首を狙うことは、初めての出来事かもしれない。

※1:ウェアラブルなデバイスはなぜか左用が多い。人間の手首は右にもある。私には左より右を狙った方が楽に思えるのだが。「右には嵌めてもらえない」そんな思い込みが右手のマーケティングを阻害している可能性はないだろうか。

 

 幸いなことにiWatchは無敵ではなく弱点がある。iPhoneとセットで使わなければ機能が半減することだ。iWatchを買う人のほとんどがiPhoneユーザだとすれば、Appleの進撃はAppleユーザーにiWatchが行き渡ったところで壁に当たりストップするだろう。すると次は現在Apple以外のスマホやガラケーを使っている人たちの消費動向が焦点になる。この人たちは、iWatchを見てAppleの商品を欲しいと思うだろうか。

 

 例えば、私はガラケーを長いこと使っている。2年縛りが解けるたびに買い替えを検討してきたが、いつも高いことを言われて諦めている。現在ガラケーに払っている料金は、月々1315円。1000円分付いてくる無料通話を使い切らないのでこれ以上払っていない。安いと思うかもしれないが、これにホームネットの通信料(プロバイダ、レンタルサーバー、ドメイン、ひかり電話)など全部足すと7000円を超える。私にとって通信費は1円でも下げたい項目で、何をリプレースするにせよ今より安くなることが条件だ。

 ホームネットを持たない人でも単純に維持費の安さでガラケーを使い続けている人は多いと思う。こういう人たちはiWatchを使うためにiPhoneに替えるような消費行動はしないだろう。
 最近「見た目はガラケー、中身はスマホ」などというワケのわからない商品が出てきたがこれも同じだ。老眼の目に優しくしただけでは乗り換えが進むことはない。Apple以外のスマホを使っている人たちも、維持費の安さがその理由であるなら簡単には乗り換えないはずだ。

 

 可能性の低いIFだが、Appleがガラケーと代替できるシンプルな低料金端末を出すとこの状況が変わる。次の壁が破られ、時計業界だけでなく端末業界まで存亡の危機に直面するかもしれない。Appleが本当に出したら、私も大いに興味を示すだろう。

 将来可能性のあるIFもある。空間もしくは網膜に映像を投射※し、それをジェスチャーで操作できるバーチャルディスプレイの実用化だ。これによりWatchの画面が小さいことが問題でなくなる。スマホも消滅し携帯デバイスはWatchタイプだけになるかもしれない。みんな腕に付けたデバイスを顔に向けて、空間を指でごにょごにょやっている、そんな風景が目に浮かんでくる。いずれにせよ、時計業界の未来は明るくなさそうだ。

 ※2:ヒトの網膜に対する追従とアライメント確保は両目の瞳をカメラで検知し投射デバイスの向きや角度を自動調整する機構を付けることで解決できる。一定の角度以内に入った瞳を自動検知し、ほとんどブレなしで投射することも可能になるだろう。

 

<参考購入先>
iWatch
スマートウォッチ

<関連記事>
携帯機器の進化とスマホの未来 携帯機器の進化のステップについて説明があります
時計関係の記事一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です