オイルフィニッシュで食洗機に耐える皮膜を作る

 木部の仕上げに自然塗料を塗ることを「オイルフィニッシュ」と呼んでいる。染み込ませて拭き取るだけなので塗料さえ入手すれば誰でも簡単に施工できる。自然塗料の主原料はアマニオイルなどの「乾性油」で、古くから油絵具のベースオイルとして使われてきた。

 DSC00589写真はアマニオイルにシッカチーフ(硬化促進剤)を混ぜて作った硬化物。このような破片を作るといろんな実験ができ物性の理解に役立つ。

 酸素と反応して硬化することから、溶剤を混ぜても先に揮発して無溶剤塗料のような緻密な皮膜ができる。表面から硬化が進むため塗膜が厚いと硬化に時間がかかる。硬化物は表面張力で水をはじき、溶剤に溶けない。柔らかく弾性があるため、傷がつきやすく摩耗しやすいが、自分で簡単に補修できる。

 

 

 オイルフィニッシュの表面は水をはじくため、ある程度の耐水、耐汚染性があるが、水回りのカウンターやダイニングテーブルなど水気の多い場所には向かないとさてきた。オイルフィニッシュは表面から塗料を染み込ませて着色するだけなので木肌は基本的に裸に近い。これが「呼吸を妨げない」利点になる反面、水に触れると水分が浸透してシミが出来たりふやけてしまう。

 この問題は何度も重ね塗りすることである程度改善する。しかしナラやタモなど導管が発達した木材では何度塗り重ねても凹凸ができて防水に役立つ皮膜を作ることができないのが現実だ。

 一般の木部塗装では木肌にフラットな塗膜を作る為「との粉」を使って目止めすることが多い。しかしオイルフィニッシュでとの粉を使った例はあまりない。というのも、オイルフィニッシュは「染み込ませる」仕上げだから、との粉で染み込みを防ぐ考えは通常出ない。うまくいけばナラやタモでも完全な防水皮膜ができるはず。との粉を使ったら本当に塗料は染みないのだろうか。オイルフィニッシュにならないのか。そこで物は試し、やってみることにした。

 

DSC00546 DSC00591

写真はタモのカウンターをとの粉処理している様子。過去オイルフィニッシュした表面に一度ペーパーをかけ、との粉を塗布。
 乾いたら軽くペーパーをかけ、上からカルデット(オーク色)を塗りこむ。スリ込むように塗って着色し、15分程度養生してからふき取る。下塗りが乾燥したらエシャクラフトオイルで仕上げ塗りし耐水皮膜を作る。

 写真右はその結果。ツヤのある仕上がりはウレタン塗装に近い。木工塗装では余分なとの粉をペーパーで削り取るが、との粉を残したまま(左の写真の状態で)塗りこむとツヤ消し仕上げになる。
 一度との粉で目止めしておくと塗り重ねでどんどん皮膜を厚く出来る。との粉のおかげで塗料が浸透しないため塗料の消費は大幅に少ない。防水性は高く、これまでどうしても改善できなかった太い導管が集まる部分(写真右の中央部)も水が浸透しなくなった。

 

DSC00555 DSC00560

 無塗装からスタートした場合はどうなるか。写真は無塗装のしゃもじ(竹製)を上記と同じ工程でオイルフィニッシュしたもの。との粉はオイルを含むと目立たず、導管を埋めた部分は色濃く染まり、下地にもそこそこ染み込むため、つや消しに仕上がった見た目は従来のオイルフィニッシュと大差ない。しかも、塗装に必要な塗料は大幅に減っている。塗料の節約を目的とした使い方もできそうだ。耐水性もよく、毎日食洗機に放り込んでいるが今のところ問題ない。

 

<参考購入先>
との粉 白が万能に使えてお勧めです
カルデット オーク 下塗りに使える万能塗料です
エシャクラフトオイル 水周りの耐水仕上げ欠かせない塗料です
アマニオイル(リンシードオイル) 食用はオメガ3系の健康食品です
シッカチーフ 硬化促進剤。ブラウンタイプが最も硬化が早いです

 

<関連記事>
 透明コーティング剤
ルミナスは錆びる2~防錆効果の検証 オイルフィニッシュは金属の防錆にも役立ちます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です