ホンダS660とNDロードスター~ライトウェイトスポーツは復活するか

 “テンポよくシフトアップしながらクルマを伸びやかに走らせる”これはMTのスポーツカーの醍醐味の一つだ。シフトアップのたびに心地よい加速感が得られ、シフト操作が楽しく感じられる。スポーツカーのMTが6速になってこの楽しさは失われてしまった。

 6MTの多くは5速の上に1段追加したのではなく、5つ区切っていたレンジを6つに細分化したものだ。そのためギアチェンジしたと思ったらすぐに次のシフトタイミングが来てしまう。また5MTに比べ構造が複雑なため、入りがシブく操作に力がいる傾向がある
 「伸びやかな走り」「心地よい加速感」には程遠く、シフトがせわしい上にギアチェンジが引っかかって操作自体が煩わしい。6MTはそんなクルマばかりなのが現状だ。モード燃費でよい成績を出すためにギアを不等間隔にした本末転倒な商品もある。

 

  2015年はホンダのS660とマツダNDロードスターがスポーツカーの目玉だ。どちらも軽量化に注力し走りの楽しさを追求している。ロードスターが排気量を初代に戻して1トンを切る軽量化を実現したのは素直に歓迎したい。スポーツカーにとって「軽い」ことは何よりも重要な特性だ。車重とパワーがある条件を満たすクルマは、「自由自在に操る快感」を乗る人に与えてくれる。まるで自分の手足の先に強力な動力が追加されたかのようである。スポーツカーは本来、「運転が楽しい」「乗るたびにワクワクさせる」そんなクルマだ。

 S660とNDロードスターはどちらも「6MT」だ。となると、ギアのレンジとギア間隔が気になってくる。これはカタログの数字を眺めてもわからない。大抵は買ってから気がついて後悔する。そこでいつもように計算してみた。下のグラフは4000回転のときの各ギアにおける走行速度で、ギアのレンジと間隔を比較できるようにしたものだ。

carcal

このデータは当サイトのデータライブラリで以前から公開しているもので、チェックポイントはプロット(ギア間隔)が等間隔か、狭すぎないかの2点。不等ピッチの代表はアルテッツアとフィットHEVで、こういうクルマは避けたい。ギア間隔が狭い代表はロードスターNB8C(1.8L)で、これを基準にシフトのせわしさを推測できる。但し、クルマのパワーに応じて補正が必要な点に注意したい。例えば、同じ1.8Lで同間隔なら狭すぎ、1.5Lで同程度ならバランス良いと推測出来る。

右の5つが今回新しく追加したデータになる。参考にビートと初代ロードスター(NA)も載せた。今まで6MTでまともな設計を見ることはなかったが、今回はどちらも期待が持てそうだ。

 NDロードスターの6速は、初代NA6CEの5速の上に6速ギアを追加した形になっている。S660も同クラスのコペンに対して同じ形だ。今まで見たことがない適切な判断だ。どちらも試乗してみる価値がある。

 

「伸びやかな走り」「心地よい加速感」「自由自在に操る快感」

これらの感覚を総称して「スポーティ」と呼ぶことがある。スポーツカーでスポーティな感覚を味わうために、スピードを出す必要も、サーキットや峠に持ち込む必要もない。普通に信号発進する時でも、コンビニの駐車場に停める時でも、スポーツカーはスポーティな感覚を乗る人に与えてくれる。
 ビートのギアレンジを見て欲しい。非力な軽自動車のエンジンをめいっぱい働かせて走らせるセッティングになっている。スポーツカーに速さやパワーは必要ない。パワーに見合った適切なギアを組み合わせれば、軽もスポーツカーになることをビートが示している。

 「スポーツカー」を買えば当然付いてくるはずのこの付加価値が、これまでほとんど認められない状態が続いてきた。軽量ボディに適切なギア比を組み合わせたS660とNDロードスターは、久しく見なかったマトモなスポーツカーかもしれない。

 

<参考購入先>
S660の購入ガイド
新型ロードスターの購入ガイド
ロードスターの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<関連記事>
スポーツカーとは何か~疲れるクルマはスポーツカーではない
R35 GT-R~恐竜スポーツの親玉が出現した
フェアレディZはロードスターに比べてどのくらい運転がダルいのか
データライブラリ 上記のグラフを作ったエクセルのデータ。解析にご利用ください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です