サーバーのケーブルをねずみの咬害から守る

ねずみに電線をかじられると電源が落ちたり、ショートして火事になることがある。高価な咬害対策テープが市販されているが、もっと簡単に、安くできる方法を紹介したい。

我が家ではうさぎに電線をかじられてしまう問題がある。対策を検証た結果、不乾性パテとラー油の混合物が有効であり以前紹介した(後述のリンク参照)。今回はもっと安く大量に使える材料「一味唐辛子」を使ってみた。

 

DSC00057a DSC00058a

左は我が家で飼っているウサギ。散歩させると穴を掘ったり電線をかじる。コルゲートチューブを被せても右のようにかじられてしまう。

 

DSC00056a DSC00059a

作り方は簡単。不乾生パテを小さくちぎりながら灯油(ペイント薄め液)に放り込む。そして一味唐辛子をたっぷり入れ、数日置いてからよくかき混ぜて完成。灯油は粘度調整に使用しているのでダンゴ状のものが欲しい場合は灯油を使わず唐辛子をそのまま不乾生パテに練りこんでしまえばよい。
 唐辛子の成分は油に溶けるため、粉末で混入しても不乾性パテの油分や灯油にじわじわ溶け出し、これが咬害防止に効果を発揮する。

 右のようにコルゲートチューブの上から溝に塗り込む。成分が耐候性の高いパテに練りこまれているため、屋外で日光の直射や風雨に長期間耐える。擦れて剥がれ落ちることもない。材料費は防鼠コルゲート管の1/3以下。屋内や天井裏ならコルゲート管を省略して直接塗装してもよいだろう。

 

<関連商品>
ネオシールB-3 屋外で何年も乾かない不乾性パテ。不乾性といいながら乾いてしまうものが多いので注意
コルゲートチューブ 内径に注意して選びます。ほとんどの100V系電線はMDLG-13が適合します
インシュロック 屋外では必ず耐候グレードを使ってください

<関連記事>
咬害防止対策

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です