佐野氏のパクリ疑惑と子供の夏休み宿題

 2020年の五輪エンブレムをデザインした佐野氏が炎上している。私もデザイン活動と無関係ではないため、事の成り行きを興味深く注視してきた。パクリだの盗作だのと批判される佐野氏だが、そもそも世の中の創作物は、そのほとんどが過去の作品をベースに作られている。これは芸術に限らず、科学技術(特許)でも同じだ。

 何を作るにせよ、誰でも最初は「模倣」から始める。そして、ある程度腕を磨いたら、過去の作品を参考(ベース)に自分の創作をプラスした作品を作る。何も参考にせずに新しいものをゼロから創作するのは極めて難しい(これが出来る人を天才というのだろう)
 夏休みの子供の宿題に、作文、ポスター、自由研究などがある。これらを子供にゼロからということが如何に難しいかがわかる。そこで大抵は何かが参考に使われる。最近はネットで何でも検索できる。便利な世の中になったものだ。

 

 ところで、過去の作品をベースに作ったものが高く評価される場合と、盗作・パクリと評される場合がある。前述したように新しく作られた作品はのほとんどは他人の作品をベースに作者独自の何かを「プラス」したもの。とすると、このプラスαの部分がほとんど見られないか、ベースの部分を自分の創作と偽った場合に批判される。前者を「パクリ」、後者を「盗作」という。世界中のデザインを簡単に検索できる現代では、盗作は簡単にバレる。

 佐野氏の作品には、あちらこちらから画像の一部をコピペして作られたようなものがある。このような作品の作り方自体は問題ないが、無断で利用したのはまずかった。私のところにも時々、サイトの写真を使いたい、という使用許諾のお願いが来る。私のように相手が無名の場合は、僅かな報酬(出版なら献本)と引き換えにほとんどの場合OKが出るものだ。この僅かな手間を怠った代償はあまりにも大きい※。

※:当サイトでは記事も他所で多く引用されている。とりわけ洗車スポンジ濾材の記事は有名で、多くのサイトで紹介されている。ほとんどの方が引用元を明記されているが、ときどき違反者を見かける。当サイトでは引用のルールを明記している。詳しくはメニューバーのAbout-著作権と知的財産をご参照。

 

 ロゴやエンブレムは形が単純なだけに、まったく類似しないものを作ることは不可能に思える。話の発端となった五輪のエンブムも、類似を指摘された段階で

「確かに似てますね、単純な形ですから、たまたま似てしまうことはよくあるんです」

とでも言っておけば済んだかもしれない。佐野氏は最初の対応をミスったせいで、違和感を持った視聴者の一斉検索が始まった。

 

 私は今回の一件を見て、商標権より著作権の方がずっと強いのだな、と感じた。小さな団体や個人でも著作権を武器に大企業や有名な団体に立ち向かうことができる。ネットが発達していない時代は「無視」でよかったが、現代はそうはいかない。ネットの住人は相手が強いほどやりがいを感じ努力する。実際は侵害にあたらず、法律上問題なくても「疑惑」をもたれただけでアウトになる。弱い相手と思って強気の対応をしたら炎上してしまい、連日テレビで放送される・・大企業や有名団体にとって、これは最も恐ろしいリスクに違いない。

 

<関連商品>
佐野研二郎の著書
四国団扇 佐野氏がパクったと言われる扇子。シンプルな白貼りなんか、素晴らしいデザインです