なぜ4代目プリウスの実燃費はアクアに劣るのか

 このクルマを検討する人にとって、燃費は大きな関心事に違いない。4代目プリウスのEグレードはJC08モード燃費40キロという。ハイブリッドの公称値と実燃費は、ビックマックの写真と現物と同じくらいの隔たりがある。世間では「40キロ」という数字だけ取り上げてアクアを超えると騒がれているが、実燃費でアクアを超える可能性が本当にあるのだろうか。
 以前、クルマの実燃費は車重の比率から正確に予測できると書いた。今回は同じ式を使って、現行アクアに乗っている人が4代目プリウスに乗り換えた場合の実燃費を予測してみよう。

 

クルマの実燃費を予測する計算式は次のようだった。

実燃費New=実燃費Old×車重Old/車重New

Spec:現行アクア 1080kg (JC08 37キロ)、4台目プリウスE 1310kg (JC08 40キロ)

いま乗っているアクアの実燃費が23キロとすると、式の結果は次のようになる。

実燃費New=23×1080/1310=19キロ

4WDのモデルは1440kgだから、17キロになる。

「そんなバカな」「システムの効率も進歩しているんだよ」

そんな意見が聞こえてきそうだが、前に書いたようにこの計算は最悪値を予測するものなので、クルマが進歩した分良くなる可能性がある。それでも、アクアより200キロ以上も重いクルマが燃費で勝つことはないだろう。
 リッター19キロというと公称値の半分にも満たない。あのビックマックでさえ、写真と現物は2倍も違わない。この計算結果が実態ならJC08自体を見直す必要がある。

 但し、燃費の数字は制御で変えることができる。重いくせに燃費の数字が良いクルマは要注意だと、以前も書いた。アクアより200キロも重いクルマが、アクアと同じ実燃費で同じように走る、なんてことはありえない。200キロの重量を制御でカバーすれば確実にドライバビリティが犠牲になる。もしかしたら4代目プリウスは、走らないクルマなのかもしれない。

 

<関連商品>
プリウスのガイドブック
アクアのガイドブック アクアの驚異的な低燃費の秘密は車重にあるようです
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きにも使える超微粒子コンパウンド
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗るユニークな商品です
3M傷防止フィルム 耐久性の高い3M製。ドアノブひっかき傷防止、ドアミラーの外周に。
クルマを買ったらすぐ貼る定番シールです
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダーです
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<関連記事>
燃費の関連記事
試乗記~ニッサン DAYZ