Windows10のデメリットとマイクロソフトの没落

「だいぶマシになった」 私は、自宅のWin8マシンを10にアップデートしてそう思った。モトが8の場合は10にあげることでストレスが少し緩和される(但し、ファミリーセーフティは機能ダウンしてしまう。細かい時間設定ができなくなるので、これが必要な人はバージョンアップしない方が良い)「Windows7をあえて10に上げる必要はない」そうも思った。

 

 10の画面は見ずらくて目が疲れる。フォントが変わったせいといわれているが、原因はそれだけではない。コントラストが異様に高く見える画面も関係している。調整なしでは見ていられない。10の見た目に違和感を持つ人は多いようで、早くもGUIやデザインを改善するための改造方法が出ている。
 但しソフトの互換性は高く、ほとんどのソフトが10で問題なく動くようだ。

 私には10に乗り換える理由が見当たらない。アップデート1年間無料サービス中というが、それでもアップデートする気になれない。

 

infostudioinwin10Win10の中のInfoStudioの起動画面。品の無いフォント、平面的なコントロールによって、見た目は7より大幅に劣化した。ソフトの価値が下がったようにも感じる。目を背けたくなった8よりはマシ。ウインドウの外枠がなくなったせいで、時間をかけて調整したデザインが台無しになった。

 

このおかしな「モダン」風デザイン、8で市場で受け入れられず失敗の大きな要因だったはずなのに、何でまた採用したのだろう。

 

 

 10ではWindowsストアの存在が目立つ。今後マイクロソフトはここからの収益を目論んでいるようだが、これが逆にマイクロソフトの首を絞める要因になりそうだ。

「Windows10はビジネスユースに適さない」

10の画面に出てくるストアやSNSのアイコンを見てそう思った。業務に不適切な表示が目立つ。法人向けの採用は厳しいだろう。現在7を使う企業は、そのサポートが切れる2020年頃までずっと7を使い続けるかもしれない。

 

「マイクロソフトには消費者の視点が決定的に欠けている」

この会社は以前からそう見える。「こう決めたんだからこれに従え」いつもそんなメッセージが聞こえてくる。10のGUIを7から「使いやすくなった」「進歩したね」と評価する人は、どのくらいいるだろう。

 今までは他に選択肢がないから仕方なく使われてきたが、2020年頃には多くのアプリがWeb(クラウド)サービスになっているだろう。7のあと10が採用される保障は無い。マイクロソフトの商品にうんざりしているIT担当者やプログラマーは多いと思う。代替できるOSが出ればそっちを優先して検討したいと考える企業も多いに違いない。

 2020年はマイクロソフトにとって大きな節目になりそうだ。

 

<関連商品>
Windows
Linux
InfoStudio

<関連記事>
Windows