ジャズ喫茶ベイシーの音の秘密~ハイレゾ時代のスピーカー選び

 ベイシーとは岩手県一関市にあるジャズ喫茶。音の魅力だけで客を引き寄せる数少ない店の一つだ。スピーカーの構成は軽量コーンの15″ウーファー(JBL 2220B)2発を密閉箱に入れ、中高域にホーンを使ったもので、能率は103~104dBと推測される。密閉箱の容積は1kL近い巨大なものらしい。低域再生限界は計算上50Hzだがそれ以下もダラ下がりに伸びていると見られる。

 

 バスレフポートから出る音の応答は、以前の実験で16ms程度になることがわかっている。密閉箱ではこの遅れが原理的にない。下から上まで共鳴に一切頼らず、能率100dBOverを達成したシステムは、おそらくここ以外に無い。過渡応答を最高にできる解の一つだ。

 私はベイシーに行ったことが無いが、このようなシステムから出てくる音は想像できる。以前書いた高能率スピーカーの特徴が最高レベルで聞けるだろう。ベイシーではJBLでユニットを統一しているが、ブランドは関係ない。スペックが同じなら別のものでも同じ結果が得られるはず。いずれにせよ、良い音を得るために能率が重要なファクターであることをベイシーのシステムが実証しているように見える。

 

 市販されているスピーカーの能率は昔から基本的に90dB前後であり、ほとんどの人が能率の低いスピーカーしか聴いたことがない。

 「オーディオの音なんてこんなもの。ネットがメインだし音楽はこれで十分」

残念ながらそんな考えの人が多いのが現状のようだ。能率の特徴を生かした音が聴けるランクは次のようになる。高能率SPの音に少しでも興味関がある人は、ぜひ参考にして欲しい。

 

クラスS
 15″ウーファー×2を十分大きな密閉箱に入れて100dBを超える能率を達成したもの。ベイシーのシステム。全ての音域を過渡応答を損なわずに出せる。

クラスA 
 15″ウーファー×2をバスレフの箱に入れて100dBを超える能率を達成したもの。ローエンドは共鳴で伸ばした低域なので過渡応答はクラスSより劣る部分があるが、箱の体積がクラスSの半分以下で済む。シネマ用のJBL 4722N、3722Nが該当する。

JBL4722左はJBL 4722N、3722N(JBL2015カタログより)。ベイシーのシステムに一番近いのがこれ。受注生産で価格はペア60~80万円。

 インピーダンス4オーム、能率はなんと104dB。コレを自宅に持ち込んでる人はたぶんいまい。異次元の音がするはず。アンプは数ワットで事足りるので選択が難しい。

 

クラスB
 15″ウーファー×2をバスレフの箱に入れて90dB後半~100dBの能率を達成したもの。レイオーディオのRMシリーズやJBLのエベレストが該当する。個人消費者に縁のない価格(600万円~)とサイズ。

クラスC
 12″以上のウーファーにホーンを組み合わせたSR用スピーカー。低域再生限界を妥協して高能率のまま小型化したもので能率100dB前後の商品を手ごろな価格で入手できる。
 サイキョーを連呼する某サイトの主人が薦めるエレクトロボイスのTX1152は再生周波数が比較的ワイドでホームユースに使える選択の一つ。
 このクラスはームシアターにも好適でエレクトロボイスのSX300Eを使えば素晴らしい結果が期待できる。
 低域が物足りない場合はサブウーファーで補うことになる。口径25cm以上のヤマハYST(SW300など)がお勧め。サブウーファーを使う場合はメインスピーカーのバスレフポートにタオルを詰めてポートを塞いでしまうか、薄い吸音材をパイプの外周に貼りつけてダンプト・バスレフにするといい。

※YSTはコーンの重さを電流FBで補償するので他のメーカ品より過渡応答が良いと見られる。SW1000は口径30cmだが、これを買うならSW300を2本買ってchあたり1本配置にしたほうが良い。

クラスD
 15″ウーファーにホーンを組み合わせた大型システム。クラスBを小型化して一般家庭に導入しやすいサイズにしたもの。ウーファーの振動系が重くなって能率は95dB前後に落ちる。昔からJBLがこのクラスの商品を多く作っている。我が家のJBL S3100もこれに相当する。

クラスE
 中高域にホーンを使って能率90dB前半を達成している小型スピーカー。クリプシュやサウンドハウスのCLASSIC PROシリーズが該当する。パワード(アンプ内蔵型)は除外。低域不足はクラスCと同様にYSTのサブウーファー(SW200以上)と組み合わせて補う。
 限られたスペースに設置するミニシステム、ミニシアターに好適。ミニシアターではサウンドハウスCSP6 にパイオニアS333 の組み合わせがスペースファクターとコストパフォーマンスに優れた一解。

クラスF
 能率90dBに満たないスピーカーすべて。ハイレゾ対応と称する高級スピーカもここに入る。高度な技術を投入しどんなに工夫を凝らしても、能率を犠牲にしたシステムでは限界があることをこのクラスの高級ピーカーが実証してくれるだろう。

 

 ベイシーのソースはアナログレコードという。アナログレコードでこれだけいい音が聴ける。ということは、今でもオーディオのボトルネックが音源(ソース)ではなくスピーカーにあることを示している。そのソースをハイレゾに替えたところで、違いが見えないのは当然といえる。今のスピーカーに一番欠けているもの、次の進歩に繋がるKWは「能率」ではないかと考えている。

 

<参考購入先>
ジャズ喫茶「ベイシー」の選択

<関連記事>
創造の館リスニングルームの完成
スピーカの音の良さは能率に比例するか
スピーカの過渡応答を測定する
アンプの出力はどれだけあればよいか 高能率SPを大出力アンプに繋ぐのはNGです
ホームシアター

 

<参考>
スピーカーの能率、低域再生限界、過渡応答の関係について
 能率を高めるためには振動板を軽くすればいいが、軽くすると低音が出なくなる。能率を高めつつ低音を出すためには振動板を大きくしてf0を下げるしかない。
 能率と過渡応答は密接な関係にある。能率の低いスピーカーは振動板が重い。重い振動板は動きが鈍く過渡応答が良くないことは容易に想像つく。空気の「共鳴音」は最も過渡応答が悪い。バスレフポートから出る音のほか、室内で発生する定在波も過渡応答を悪くする要因になる。