箱BOON mini~袋が破れてダンベルが足に落ちケガ?

 10月27日からスタートした新しいサービス。専用のビニール袋を使い、10kgまでの重量物が送れるという。もしビニールが破れて中身が落ち、利用者が怪我をしたらどうなるか。この手の話題はすぐにネットで広まり炎上、連日テレビ放送の刑。そんなリスクが心配されるサービスだ。

 普通荷物を送るときは中身を保護するために外装にダンボール箱などの丈夫なものを使う。しかし外装がビニール袋の場合、緩衝材はビニールかプチプチしか使えない。角ばったものはビニールを簡単に突き破ってしまう。このサービスは、ダンボール箱で送る場合に比べ包装に相当な手間暇がかかるだろう。最初はそう思った。

 サービス案内のTOPをみると、コミック26冊と、ダンベルが重いものの例としてある。「ご利用方法」を見ると、子供の鞄のようなものを「そのまま」専用の袋に入れている。きっとダンベルもそのまま送れるに違いない。これは簡単便利。袋もさぞや、しっかりしたものに違いない。

 

DSC01324a DSC01325a

早速袋をチェック。伸縮が大きく一見ゴミ袋のようだが、強度が高い。左の写真は芯をひっこめたシャープペンシルを内側から強く突いてみたところ。指はもちろん、3mmまでの突起物が容易に貫通しない。但し裂けに弱く、入り口を引っ張ると簡単に裂けてしまうので過信は禁物。しかしこの様子だと、10kgのダンベルなど本当に送れるかもしれない。ゴミ袋もこれくらい丈夫だったらいいのに・・。

 日本郵便の定型外サービスは1kgまで全国一律600円なので、1kgから下は定形外と比較されるだろう。このサービスは、1kg以上のこわれものでない荷物を送るのに便利に使えそうだ。

 それとこの袋、コンビニの出入り口に誰でも好きに持っていける形で置いてあった。丈夫な袋なので、配送以外の用途で持っていかれそうだ。カウンターの内側に設置したほうが良いのではないだろうか。

 

<関連商品>
梱包材 役に立つ梱包材
ヒートシーラー 一つあると大変便利。梱包用は必ず300mm幅を。クリップ式は台所用に便利です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です