金のなる木は作れるか16~2015年の成績

 MT4用のFXトレーディングツールとして公開している GoldenTree StandardとArbitrageの2015年6月~12月の総合利回りは次のようでした。ソフトのバグを修正しながら運用しているので手動決済などありましたが一応プラスで回りました。

Standard +8.5%(月平均1.2% Forex)、+8.0%(月平均0.67% FXCM12ヵ月分 )
Arbitrage +3.4%(月平均0.49% Forex)

たったこれだけ?と思うかもしれないですが、世の中そう甘くないです。見ているとポートフォリオ全体でプラスになりますが、放っておくとトントンかマイナスで決済、というパターンが多かったようです。ポートフォリオ全体で3%くらいのリミットをAllLimitPricepで設定すると利食いしやすいようですので、今年はこの設定で続けてみようと思っています。

 4時間足による低リスク&長期トレードのスタイルなのでトレード回数は少なく、1通貨ペアで10回を超えたものはほとんどありませんでした。
 昨年の結果をもとに商品説明の最適化レポートの結果を更新しました。今後も成績の良かったものを残し、悪かったものを除外する形でスクリーニングを続けていきます。

 

 Arbitrageに関してはCFDで裁定取引をやりたいというご要望をいくつかいただいています。とりあえずFxPro、BigBoss、XM、Xtradeなどの口座に対応しましたがCFDの取引計算に必要な情報が思うように集まらず頓挫しています。BigBossでは一応一通り実装しましたが、まだ一部商品で決済の金額がプログラムの計算と一致しません。
 CFDは商品が多く、またロールオーバーなどありませんので完全自動取引に向いていないようですが、今後も検討を続けていきます。

 

 <関連商品>
GoldenTree