浴室音響システムの選び方~トクラス(ヤマハ)のサウンドシャワーは買いか

 システムバスを付けると音響設備をオプションで選べる。「お風呂で音楽が聞けたらステキ」そう思う人もいるに違いない。

 トクラス(ヤマハ)のシステムバスを買うと「サウンドシャワー」と称するシステムが付いてくる。要らなくても外すことができない。その理由についてヤマハは「リラックスする場所である浴室に音楽は欠かせないものと考えます[1](要約)」と説明している。

 我が家のシステムバスはヤマハなので「サウンドシャワー」が付いている。音を出したのは最初のうちだけ。7年間利用してきた印象は「無駄な付帯設備」。「付いていてよかった」とは思えない。

 使わなかった理由は2つある。それは、使い勝手が良くないこと、そして肝心の音が悪いことだ。

 

DSC01520a 写真はサウンドシャワーのスピーカー。5cmの小さなフルレンジだが背面にパッシブラジエータがあり、バスレフポートを通して低音を出すという凝った作り。マウントした壁面の剛性が足りず、手で触ると振動している。

 

 DSC01544a 右はコントローラー。浴室の外なので入浴中に音量調節や曲のセレクトが出来ない。ボリウムが付いているが、入力を絞るための抵抗だとすれば酷い設計(最近の商品は音量調節が浴室内からできるよう、ワイヤレスリモコンになっている)。

 

 

yamahayokusitu2a

 スピーカー近接の周波数特性。ほぼフラットで、低域は100Hzまで出ている。上手に使えば、それなりの音が期待できそう(測定音源がMP3ピンクノイズのため20kHzは出ていない)。

 

yamahayokusitu1a

 浴槽付近。入浴中に聞く音がこれ。山谷が多くクセのある音。聴感上はいろんな付帯音が被っていて、“安物のラジカセ” のよう。

 どうやら、浴室音響システムの課題は室内音響にあるようだ。いくらいい設備をつけても生かされない。台無し。定在波が目立つ浴室は、音楽再生にとって最悪の環境だ。

 特性の山谷は平行な面による定在波が原因。改善する方法はあるが、水を吸う吸音材は使えない。壁面を傾斜させて平行な面を無くすなど、構造で工夫しないとダメだろう。

 浴室の音響特性が良くない事は、手を叩けばわかる。定在波のことは導入時に予測していて、天井にドーム形を選んだが不十分だった。窓や入口が解放されると定在波は立たない。ショールームで聞く音は参考にならないので注意したい

 

DSC01535 「山谷が気になるならイコライジングチューンしたら良いのでは?」 そう思うかもしれない。

 定在波は一種の共鳴。加振時間によって振幅特性が違ってくるから、イコライジングで振幅特性だけフラットにしても意味ないことを以前書いた(後述のリンク参照)。しかし、何もしないよりはマシ。

 

 

 トクラスのシステム商品にはもう一つ別の問題がある。換気装置の騒音だ。MAXの換気装置とセットしているが、MAXの設備はファンの音が大きい。

 サウンドシャワーはサウンドシステム以前に、浴室が音楽を聞ける環境になっていない。音を出すときはファンを止めるといった仕組みにできないのだろうか。

 

 私たちトクラスは、リラックスする場所である浴室に音楽は欠かせない、そう考えサウンドシャワーを標準装備にしています・・・

 

 ヤマハは音響機器としての強いブランド力がある。リビング事業にそれを応用して、他社と差別化したい気持ちはわかるが、サウンドシャワーは浴室にヤマハブランドのスピーカーをポン付けしただけ。

 買って頂いたお客様に、本当に音楽でリラックスしてもらおうと考えて企画されたものか疑問だ。これが標準でなくオプションだったら、ほとんどの人は付けないだろう。

 とはいえ、浴室音響システムを室内音響まで考えて取り組んでいるところは少ない。誰も本気で取り組んでいなところには、開拓の余地がある。

 室内音響まで考えて構造設計すれば、残響の多いバスルームの特異性を生かして今までに無い音環境を作れる可能性がある。「あなたの浴室がコンサートホールに!」そんなPRができる可能性だってある。そういうことを実現したうえで「標準」にすれば、誰もが納得するはずだ。

 

 

<関連商品>
浴室用スピーカー
防水オーディオ

<関連記事>
わずかな細工で部屋の音響特性を劇的に改善する
浴室暖房乾燥機の選び方

<参考文献>
1.浴室音響システム『サウンドシャワー』を業界に先駆けて標準搭載