☆PickUp記事☆ 三菱自動車と燃費に関係する記事です

 1L入りと称する高価な飲み物を買ってきて、中身が0.7Lしか入ってなかったら、どう思うでしょう。リッター30キロ走ると称するなら、実燃費(正規分布の中央)が30キロ±10%以内に入らないとダメではないでしょうか。実燃費がカタログと3割も違ったら、返品されても文句は言えないはず。しかしクルマだけは特別で、ほとんどの消費者が問題にしません。

 実態と合わない計測方法で出された数字など意味ないのに、皆クルマを選ぶときこの数字を重視するようです。三菱自動車の事件を機会に、燃費計測のやり方が改善されることを願っています。

 

なぜ4代目プリウスの実燃費はアクアに劣るのか

クルマの燃費は車重で決まる~アテにならないカタログ燃費

失敗しないクルマの選び方~皆が知らないチェックポイント

試乗記~ニッサン DAYZ ハイウェイスターG

プリウスの燃費~ビックマックの高さが写真の半分でも許される世界

 

<参考購入先>
燃費向上アイテム 本当に燃費が向上するものもありますが、その経済メリットが購入価格を下回るケースがほとんどのようです