エンジンオイルの交換時期はいつ?

 「3千~5千キロ、または3カ月~半年ごとに交換してください」これはよく聞かれるセールストークだ。この周期はほとんどの人にとって無駄に違いない。

 本当の交換周期を知るには、オイルの劣化度合いを調べるしかないが、これが容易でない。よく「汚れ」が基準にされるが、オイル交換してもすぐに黒くなるのが普通だ。これはオイルの機能であって 黒くなった=劣化した ではない。「感触」や「匂い」も、よほど劣化が進んでいない限り判定は困難だ。

※:以前ディーラーに定期点検に出したら、3か月前に交換したばかりのオイルを勝手に交換されたことがある。「汚れてましたので交換しておきました」とか。「ええっ!入れたばかりのオイルを交換してしまったんですか。一万円したんですよ!?」なんてことになりかねない。皆さんも注意しよう。

 

 測定器を使えば見た目でわからないオイルの劣化度合いを定量的に知ることができる。オイルの劣化は「誘電率」「導電率」などの値に比例するらしい。しかし、誘電率を気軽に測れる安価なセンサーは市販されていない。導電率はECメーターで測れるが、オイルの導電率は小さすぎて測定が難しいようだ。
 結局、オイル交換の指標はこれまで通り、「走行距離」と「経過時間」を参考にするのが現実的というのが結論だ。

 

 オイル交換について何も考えたくない人は、メーカー奨励オイルを1万キロまたは年1回で交換(エレメントも一緒に)すればよい。シビアコンディションも含め、ほとんどの場合これで10年10万キロ、何の問題もなく過ごせるはずだ。
 カー用品店の3千キロor3カ月はどう考えても短すぎる。利益を優先して無駄なオイル交換を勧める姿勢は感心しない。

※奨励オイルはクルマ取説に書いてあるのでこれを参考にする。オイルのグレードは現在最高のSNが一般的だが通常SM以上であれば問題ない。粘度は低燃費の事情から0w-20の奨励が多いが、私的にはサラサラすぎて不安がある。オイルの粘度は高いほど蒸発しにくく、潤滑も良いことから、私はいつも5w-30をセレクトしている。

 

 オイルにはグレードや粘度のほかに基油の違いがある。値段に差が出るのはこの部分で、通常 鉱油<部分合成油<合成油(100%) の順に高い。

 合成油は鉱油より性能がよく長持ちすることはわかるが、定性的な話ばかりでデーターが無い。価格差に見合ったメリットがあるのか疑問だ。一般消費者は鉱油で十分、ディーラーでオイル交換をお願いしても鉱油を入れるのが普通だ。

 鉱油はオイル交換しても実感がないが、鉱油から合成油に変えるとエンジンが若干、スムースで静かになったように感じられる。数字に現れない、フィーリングの改善効果はあるのかもしれない。

 

<参考購入先>
エンジンオイル 自分で交換すると安く済みます
オイルエレメント
オイルチェンジャー DIYで交換する人の道具
オイル添加剤 はっきりいって要らない商品です

<関連記事>
低燃費オイルで燃費が良くなるか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です