月額千円のスマホ~高すぎるスマホの料金を節約する

 長年ガラケーを使ってきた私がとうとうスマホに替えた。ちなみに、買い替え前の料金は写真の通り835円。ちょっと使いすぎても1464円。この機種はT005 (発売2010年)。機種代ゼロ円で千円の無料通話が付いている。キャリアにとって、私は全くうま味のない養分だったかもしれない。

 

 

 長年買い替えなかったのは、何に替えても大幅に高くなってしまう為だった。それに下の動画のように、ある音を割り当てたらケータイを開くのが楽しくなり気に入っていた。

 

 

 最近では格安スマホと呼ばれる商品が登場している。料金は大手キャリアの半額以下。大手キャリアは割高といわれるが、無数の店舗とスタッフの固定費&人件費を考えれば納得いく。これら店舗をほとんど利用しない人は、他人のために無駄なお金を払っている、そんな見方もできる。

 私にとって、携帯は必要だが費用は抑えたい。できれば今までと同じ料金、1000円前後で収まる商品はないものか・・そこで見つけたのが下の機種だった。

 

 最近は携帯端末向けのいろんなサービスが増えている。ガラケー派だった私も、不便に感じてとうとうスマホに折れた。
 契約したのはツタヤのTONE。余計なオプションを外せば月額千円。安さの秘密はIP電話にある。通話品質やサービスは一般回線に劣るがLineやネットがメインなら問題ない。

 脆弱な作りはケースで保護するしかないが、TONEは本体が安いので気軽に使える。

 

 

 スマホの基本コンセプトを作ったのはスティーブ・ジョブズ。ジョブズはiPhoneのプレゼンで「電話を作り直した」と言ってたが、スマホはインターネット端末に電話を付けたもの。

 私にとってスマホは、「老眼には見えんような小さい文字でインターネットをする機械」。TONEはiPhoneほど高性能ではないが、幅広い年齢層で使えるよう、うまく作られている。

 

2017/5/27追記 TONEの初期不良!

 我が家ではTONEを2台契約したが、うち1台はスピーカーの音が割れて声がよく聞きとれない初期不良品だった。カスタマーサポートのお世話になったが、かけるたびに担当者が違い、情報の共有化もきちんとできていない。要領を得ない対応にずいぶんストレスを感じた。

 修理中、代替機は出すが、SIMカードは自分のを使うことになる。SIMカードごと検証が要る故障で修理に出すと、使える端末がしばらく無い状態になってしまう。
 今回の初期不良は、店舗があれば一瞬で終わった話だが、結局1週間以上、端末がない状態になってしまった。ここがTONEの弱いところ。

 

<参考購入先>
 LINEやる人はSNSオプション(100円)の追加を忘れずに。あとは要らないと思います。

TONEアクセサリ

<関連記事>
スマホの関連記事