Windows10でCtrlとCapsを入れ替える

 昔、NECのPCは今のCapsLockの位置にCtrlキーがあった。ここは小指で押せる便利な場所、というよりCtrlキーはそこになければ不便だ。

「Ctrlは右下にもあるから、それを押せばいいじゃん」と思うかもしれないが、ここも押しにくい。タッチタイプでは、左右両端の下は最も使いにくい、デッドゾーンといっていい。

 

 DOS/V機では小指で押すのに一番便利な場所に役に立たないCapsLockがある。私はこれまで、何らかのユーティリティ・ソフトを使い、CtrlキーとCapsLockを入れ替えて使ってきた。

 

 

 Windows10になってこういうツールが見当たらなくなった。キー入れ替えツールはあるが、要らない機能がいっぱい付いてくる。単純にCtrlとCapsLockを入れ替えるだけのツールが欲しいのだが、ない。

 一応、ASCII.jp[1]にその望みを叶えてくれる記事がある。レジストリにScancode Mapというキーを追加してバイナリコードをパコパコ打つというもの。しかしWindowsがアップデートするとこのキーが消えてしまうため、その度にいちいち入れ直さなければならない。

 いい加減面倒になったので、このレジストリへのキー登録をコマンド一発で出来るスクリプトを作った。

REG ADD "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout" /v "Scancode Map" /t REG_BINARY /d 0000000000000000030000001d003a003a001d0000000000 /f

 使い方は、コマンドプロンプトを「管理者として実行」で開き、コピペするだけ。それも面倒だという人は、バッチファイルにするといい

 スクリプトを実行した結果は次のPC再起動後から有効になる。

 ※メモ帳を開いて上のコードを1行目に貼り付け、2行目にpause コマンドを追加して changekey.bat などという名前で保存。実行するときはマウス右クリックして「管理者として実行」を選ぶ。

 

<関連記事>
キーボード、マウスの選び方~ガラクタと良品を見分ける
キーボードの操作感を劇的に良くするを向上させる

<参考文献>
1.Windowsのキー配列をカスタマイズ