EVなんて普及しない~第三次EVブームはじまる

 カリフォルニア州がZEV規制を強化、中国がEV普及に本腰、トヨタがEV開発に方針転換、全個体電池の開発を急ぐ・・
最近はそんなニュースが飛び交っている。

「あのトヨタが本気になった。うちもやらないとバスに乗り遅れる」
「今のうちに何か手を打たないと、仕事がなくなる」

 そんな不安に駆られ、あわててEVに関係したことをしようと考えていないだろうか。

その一方では、テスラのEVがまた火を噴いた、リーフの中古車市場が暴落[4]、という暗いニュースもある。

テスラモデルS火災の様子 (出典:arstechnica.co.uk)

 

第二次EVブーム乗って踊った人の言い訳

 2012年頃盛り上がった第二次EVブームは案の定ブームで終わった。会社の経営資源を無駄にした人は、どんな言い訳をしたのだろう。ここで、テトロック教授による7つの言い訳[1]を載せておく。

1.予測の前提とした条件が変わった。
2.予想外の事態が起こった。
3.ほとんど紙一重で間違った。
4.今回は予測したとおりにはならなかったが、予測の基本は間違っていない。
5.そもそも政治問題は複雑で簡単に予測がつかない。
6.良い間違いだった。
7.確率の低いことが奇跡的に起こった。

 

 このような言い訳は、為替相場の取引で失敗したFXトレーダーからも聞かれる。

 人は右肩上がりのトレンドを見ると、それが今後も続くように錯覚し勝手な予測線を描いてしまう。それがそもそもの間違いだが、どうしてもそれをしてしまう。

 第二次EVブームの時、当サイトでは「リスクが高い」と注意を呼びかけた[3]。EVのポテンシャルは、そのときから何も変わっていない。たとえ全個体電池が量産できても変わらない。バッテリの寿命と価格は、たくさんある課題の一部に過ぎないからだ。

 少なくとも、EVに関する周辺含めた技術的な見通しが整わない限り、だれがどんなに騒ごうが、決して進むことはない。今回もブームで終わる。私はそう予測している。

 

 

ブームに対する対処

 ブームに踊ろうとしている人をみかけたら、それを手伝ってあげるといい。それも、いまの経営資源の範囲で。

 自らは投資をせず、国や企業、自治体から可能な限りお金を吸い取って手助けをし、雲行きが怪しくなったら、さっと引く。それが、低リスクでブームを乗り切る対処法の一つだ。

 

 

主婦の意見は専門家に勝る

 どーしてもEVが普及すると信じて疑わない人は、一度、自分の奥様、もしくはご近所のおばさんに、

「こんな仕様のEVが出たら買いますか」

と、聞いてみるといい。テトロック教授の調査によれば、専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げと大差ないという[1][2]。信頼できる情報が欲しかったら、エンドユーザー、すなわち財布を握る主婦にヒヤリングするのが一番だ。ちなみに我が家の場合は、

「えー?そんなもの要らない」

だった。理由を聞くと、いろいろある。それが、普及のために解決すべき本当の課題だ。

「そこは改善されるから・・」「でもEVって○○でしょ、だからイヤ!」

 主婦にヒヤリングすると、充電ステーションの拡充が、まったくの見当はずれだとわかる[6]。国や企業が作った論理は主婦には一切通用しない。本質に素直だ。主婦を納得させることが出来ない限り、普及はまずないと考えて間違いない。

 

<関連商品>
1.Philip E. Tetlock,Political Judgment: How Good Is It? How Can We Know? 洋書です。和文は次を参照
2.超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条
5.なぜ新しい戦略はいつも行き詰まるのか?

<関連記事>
3.EVは普及するか~EVブームに踊る日本企業
4.日産に見捨てられた!~リーフの電池寿命問題
6.充電インフラの整備は無駄~EV普及のシナリオはあるか