カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

浴室音響システムの選び方~トクラス(ヤマハ)のサウンドシャワーは買いか

 システムバスを付けると音響設備をオプションで選べる。「お風呂で音楽が聞けたらステキ」そう思う人もいるに違いない。トクラス(ヤマハ)のシステムバスを買うと「サウンドシャワー」と称するシステムが付いてくる。要らなくても外すことができない。その理由についてヤマハは「リラックスする場所である浴室に音楽は欠かせないものと考えます[1](要約)」と説明している。

 我が家のシステムバスはヤマハなので「サウンドシャワー」が付いている。音を出したのは最初のうちだけ。7年間利用してきた印象は「無駄な付帯設備」。「付いていてよかった」とは思えない。使わなかった理由は2つある。それは、使い勝手が良くないこと、そして肝心の音が悪いことだ。

続きを読む

浴室暖房乾燥機の選び方~小さなストレスが購買行動にどう影響するか

DSC01533a 写真はヤマハ(トクラス)のシステムバス。標準で浴室音響システム「サウンドシャワー」が付く。天井に付く浴室暖房乾燥機換気装置はMAX BS-141H。システムバスで選択した商品だ。24時間常に換気しているので、カビは目立たない。

 

 

続きを読む

目覚まし時計の選び方~G-SHOCK置時計

 時計売り場にいくと沢山の掛け時計、置時計が置かれている。昔からそうだが、ざっと見渡して「欲しい」と思えるものは一つも無い。とはいえ時計は生活に必要なものだから、使っているものが壊れた場合はこの中から選ばなければならない。仕方なく買われている。それが現状ではないかと以前書いた。
 今回は目覚まし時計を選んでみた。目覚まし時計に求められる要件には次がある。

続きを読む

ねじ締結の落とし穴~締付けトルクより重要なもの

 「ねじが緩んだので締付けを強くしました」これは必ずしも正しくない。ねじの使い方が間違っている場合、締めれば締めるほどよく緩む。ねじ締結で問題が起きた際、緩めたにせよ、強めたにせよ、標準的な締付けトルクを逸脱する形で問題を収めたら、締結の信頼性か、強度のどちらかが犠牲になっている。

続きを読む

家庭で使う電動ドライバーの選び方

 電動工具と聞いてみなさんは何を思うだろう。

「そんなもの要らない」「勿体ない」

そう思う人が多いと思う。電動工具といっても、いろいろある。私の経験上、身近に置くことで非常に役立つ電動工具がある。それは「電動ドライバー」だ。

続きを読む

きしめんが滑らない究極の箸を作る

DSC01362a きしめんを食べようとして箸でつまんだら滑り落ちてしまった、そんな経験はないだろうか。箸は最も日常的な道具の一つで、その形は昔からほとんど変わっていない。その選び方となると、手の大きさに合った長さを与える指針しか見当たらない。実際は長さの他に、耐久性やハンドリングといった検討項目があり、複数の住人が暮らす家庭では運用上問題が起きない形にすることも必要になる。

※:親指と人差し指を直角に開き、それぞれ指の先端を結んだ距離の1.5倍が目安といわれる。大人の場合、大体21cmになる。

 

続きを読む

知られざるレンタルサーバのリスク3~データジャパンのExpressWeb終了

当サイトのホストだったデータジャパンのExpressWebが終了することになった。12/4日に突然やめる告知が来て、期限を調べたら時間的余裕は2週間しかない。仕方なくサーバーを移転したが、この年末の忙しい時期に最優先の仕事になってしまった。

続きを読む

炊飯器の選び方~調理家電はIoTで進化する

DSC01390a 写真は奥からナショナルSR-DG10F(2005年)、タイガーJKC-W100(2008年)。 タイガーの内釜はW銅入り5層。どちらも機能的なは支障はなく、内臓リチウム電池もまだ生きている。

 ナショナルは10年前の機種だが、現行機と味に差はない。以前の調査で分かった、最も重要な「水加減」について調べたところ、どちらの内釜も1合目盛の水量はまったく同じで、水加減は 米:水=1:1.2 (容積比)だった。

 

続きを読む

あなたの死後、家族の弔辞を聞けたとしたら・・

最近書店の入口付近に「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー氏)と、出口汪さんの「~技術」シリーズが山積みされている。気になって手に取った人も多いと思う。この手のノウハウ書はずいぶん読んだが、ほとんど記憶に残ってない。内容は忘却の彼方にあり、読み返す気も起らない。
そんなノウハウ書で実際に役立ち今も活用しているものが1つだけある。「超」整理法(1993 野口悠紀雄著)だ。これは書類の整理法として確かに機能し、私はこれをパソコン上で実現するために「超」仕事人(現行InfoStudio)というソフトを作った(1996)。

続きを読む

2 / 2212345...1020...最後 »