社会問題」カテゴリーアーカイブ

保険会社の手抜き修理を回避する方法

 保険によるクルマの修理は「元通り」が原則。ところが板金の場合、どこまでやれば元通りなのかが曖昧だ。保険を使ってオマカセの修理をすると、手抜きできる所はできる限り手を抜いて、最低限のことしかしない。素人が見てわかるような、修理の痕跡を残すのが通常だ。

 粗悪な塗料を使われことがある。特に、ソリッド系のカラーは手抜きがされやすい。数年後問題が出てきて、売るときに大きな「評価損」を被る。保険を使って板金に出すときは次の点について、自分で直接、修理する業者と打ち合わせすることが重要だ。

続きを読む

保険会社は自分の味方ではない~契約者が泣きを見る自動車保険の実態

 自動車に乗っていれば、誰でも一度くらい保険のお世話になるだろう。今では外資系の保険会社と契約できる。
 外資系と日本系には大きな違いがある。日本の保険会社は「顧客の立場に立ったサービスを提供していない」ことで共通する。この傾向は会社が大きいほど強いようだ。

続きを読む

オーディオアクセサリーはガラクタだらけ

 オーディオアクセサリーは昔(1970年代)とは比較にならないほど多様化している。ケーブルで音が変わるのは常識といわれ、それも電源ケーブルまでが対象になった。

 世の中にアクセサリーが増えたのは、機器が進歩して微妙な音の差が聞き取れるようになった成果、と見る向きもあるが、私には商売のネタを業者が増やしただけに見える。

続きを読む

オーディオマニアはこうして生み出される

 これまでオーディオに関心の無かった人が、オーディオ機器を求めることがある。それは「自分の好きな音楽を、今よりいい音で聞きたい」という純粋な願望が多いのではないか。
 そのときの自分の好きな音楽とは、アニメの主題歌だったり、アイドル曲だったり、おさかな天国かもしれない。

 そこで何らかのオーディオ機器を買って音楽を聴き始めるわけだが、その後、その人たちの行動は次のパターンに分かれる。

続きを読む

こんな病院に行ってはならない~やぶ医者の見分け方

 私の実家の近くに、O医院という内科専門の個人医院がある。昔(私が子供の頃)よくお世話になっていた病院だ。亡くなった祖母がここに通っていて、薬を沢山もらっていた。しかし、ある日突然、不整脈があると言われ、検査したら手遅れだった。あれほど病院に通っていながら、どうして手遅れになるまで気が付かなかったのだろう。

 

続きを読む

3 / 3123