趣味」カテゴリーアーカイブ

スピーカーのインピーダンス特性を測る

 スピーカーのインピーダンス特性を測ることで、音圧特性からはわからない、スピーカーシステムの特性が見えてくる。特に有用なのが、システムの低域共振周波数と遅れの具体的数値だ。

 インピーダンス特性は抵抗とICレコーダーがあれば、誰でも簡単に測れる。今回はこの道具を使って測る方法をご紹介したい。

 

続きを読む

サブウーファーの音の遅れを測る2~インピーダンス特性から遅れを算出する

 前回はトーンバーストを使った遅れの測定結果をご紹介した。この方法は任意の周波数の遅れを測れるが、ボンボン不快に響く低音は、遅れが最も大きい周波数が目立った結果。私たちが知りたいのは、その遅れの最大値ではないだろうか。そこで、今回はこれを正確に測る方法を検討してみた。

 

続きを読む

2017年シビックタイプR!~また出た本格(風)スポーツカー

「320馬力!ニュルのタイム最速!!」期待を胸に買ってみると、予想しなかった意外な問題に気づく。「確かにすごい加速はする。でもコレは・・」我慢強い人は、数年乗り続けるかもしれない。そして「スポーツカーはもう二度とゴメン」で手放す。いつもこのパターンだ。

続きを読む

失敗しないマウスの選び方~ラバーコートのべたつきを直す

 マウスを頻繁に買い替える人が多い。私もその一人だった。それほどこの市場にはロクな商品がない。私たちが欲しいのは、普通に使えるごく普通の商品。それがなかなか見つからないのだ。

 私は過去、ゲーム用のマウスでそれを見つけた。logicool MX518。手になじんだこのインターフェースは空気や水のような存在になっている。MX518の発売は2008年。とうの昔に廃番になっていているが、私のMX518はメンテを繰り返して未だ現役。

続きを読む

Webデザインに適したモニターの選び方

 SEOに注力しWebサイトに来てもらっても、ポチってもらわなければ収益は生まれない。そこに説明文の見やすさや、商品写真の出来が影響することが想像つく。

 これまで色再現は印刷の世界がメインだったが、最近は液晶パネルの品質が向上し、商品写真の色合いをわりと正確に消費者に伝えることが可能になってきた。商品の魅力を正確に消費者に伝えることで、販売成約やクリック率の向上が期待できる。Webサイトのカラーも、今より見やすくできれば滞在時間を長くできるかもしれない。

 写真の色やWebサイトのカラーについて最適化するためには、色やコントラストを正確にチェックできる環境が必要だ。そこでWebデザイン環境の構築を検討してみた。

続きを読む

CPUに付いている古いグリスの落とし方~エタノールで油は落ちない

 グリスの除去方法について検索すると「アルコールを使いなさい」とするアドバイスが多い。アルコールといってもいろいろある。ここはおそらく、IPA(イソプロピルアルコール)のことだが、勘違いして無水エタノールを使ってしまうケースが多いようだ。

 IPAのほか、灯油も使えるが、こちらはあまり知られていない。

 

続きを読む

050発信のIP電話は使い物になるか~TONEモバイルを徹底評価する

 「安いので仕方ないね」「まあオマケだし・・」050発信のIP電話が増え始めたが、その回線品質についてあまりいい評判を聞かない。

 TONEも050発信の端末だが、“フリービットグループ独自の技術によりクリアな音質を実現しています”という。「フリービット独自の技術」はおそらくEmotion Link(Emotion Link Active Node)のこと[1]。TONEはこれによって他の050データSIMよりはマシな品質を実現しているようだ。

続きを読む

1 / 50123...510152025...end