カテゴリー別アーカイブ: アクアリウム

発酵式CO2添加装置の製作

 イースト菌を嫌気発酵させてCO2を発生させる方法が知られている。ランニングコストが安いうえに、発生するCO2ガスの純度は非常に高い(これは拡散筒を使って確認した)。しかも、発酵によって生成される副産物(アルコール)は脱窒菌を活性化する可能性がある。

続きを読む

過酸化水素水でコケを退治する

 コケ退治の最終手段は、過酸化水素水(オキシドール)だ。その効果は即効的である。やっかいな緑色の絨毯(藍藻の一種)の一部に吹き付けると、わずか数分で爆弾でも落ちたかのような穴があく。水に少量の添加を続けるだけで、水中の胞子が死滅し、水草に付いたコケはきれいになくなる。その効果は、わずか数日で目に見えるくらい強力だ。

 

続きを読む

アクアリウムの失敗と対策

 アクアリウムは一般に思われているほど簡単ではない。買ってきた魚はことごとく死んでいく。添加剤を買ったり、底砂を替えたり、試行錯誤は延々と続く。本人は努力しているつもりだが状況は一向に改善されず、出費はどんどん増えていく。

続きを読む

水草に付いてしまったコケを取る方法

 水草にコケが付くと、水草の生長が著しく低下し、水草による栄養の吸収が減少し、栄養がコケに回り、コケが急激にはびこるようになる。水草に付いたコケを取り除くのは一般に困難だ。ヤマトヌマエビや石巻貝を投入しても思うように減らないことが多い。黒髭藻になると、アヌビアスなど一部の水草を除き、切って捨てるしか無いのが現状だ。

続きを読む

換水はどんな場合にするのか

通常、安定した水槽で換水が必要になるのは、

(1)水が色付いてきたとき
(2)硝酸塩濃度が上昇したとき

の2つのケースだけになる。水草水槽でなければ水の色付きは無視して良い。換水は少なからず魚にストレスを与えるので、換水はできるだけしないことが望ましい。定期的に換水を勧めるアドバイスは間違っている。

続きを読む