カテゴリー別アーカイブ: 音楽苦楽部

浴室音響システムの選び方~トクラス(ヤマハ)のサウンドシャワーは買いか

 システムバスを付けると音響設備をオプションで選べる。「お風呂で音楽が聞けたらステキ」そう思う人もいるに違いない。トクラス(ヤマハ)のシステムバスを買うと「サウンドシャワー」と称するシステムが標準で付いてくる。要らないと言って外すことができない。その理由についてヤマハは「リラックスする場所である浴室に音楽は欠かせないものと考えます[1](要約)」と説明している。
 我が家のシステムバスはヤマハなので「サウンドシャワー」が付いている。音を出したのは最初のうちだけ。7年間利用してきた印象は「無駄な付帯設備」。「付いていてよかった」とは思えない。使わなかった理由は2つある。それは、使い勝手が良くないこと、そして肝心の音が悪いことだ。

続きを読む

わずかな細工で部屋の音響特性を劇的に改善する

 「いい音を出すにには部屋が重要」 「部屋が良くないと、どんなに良いスピーカもその性能を発揮できない」・・よく聞かれるフレーズだが、具体的に何が課題でどうしたら直るのか、わからない人がほとんどだと思う。闇雲に吸音材を配置すれば、無響室のような潤いの無い環境になっててしまう。
 音を悪くする要因に「定在波」がある。平行な面で構成される室内にはたくさんの音響的な固有振動モードがあり、残響が多いとこれらのモードが励起されて定在波が立ちやすい。定在波が立つとその周波数のレベルが盛り上がると同時に過渡応答が著しく劣化しブーミーになる。

続きを読む

ジャズ喫茶ベイシーの音の秘密~ハイレゾ時代のスピーカー選び

 ベイシーとは岩手県一関市にあるジャズ喫茶。音の魅力だけで客を引き寄せる数少ない店の一つだ。スピーカーの構成は軽量コーンの15″ウーファー(JBL 2220B)2発を密閉箱に入れ、中高域にホーンを使ったもので、能率は103~104dBと推測される。密閉箱の容積は1kL近い巨大なものらしい。低域再生限界は計算上50Hzだがそれ以下もダラ下がりに伸びていると見られる。

続きを読む

復活するアナログレコード~なぜ今注目されるのか

 アナログレコードの需要が2006年を底に上昇しているという。
 注意深く針を落としたらササッと後ろに退いて体育座りで音楽を楽しむ。そんな時代は確かにあった。レコードにはA面とB面があり、片面の再生が終わったらひっくり返さなければならなかった。曲間に針を落とすのはやや難しく、1曲目から再生することが多かった。この時代の「アルバム」はA面かB面の1曲目から順番に聴くことでアーティストが意図した音楽(ドラマ)を味わえる「音楽作品」だった。片面の最後には終わりを印象づけるテンポのゆっくりな曲が収録されることが多かった。 続きを読む

安くて音の良いお勧めのイヤホン

スマホ普及のおかげでステレオイヤホンの市場がにぎわっている。音響的には耳にラバーを押し込むインナーイヤータイプが有利なことを以前述べた。このタイプのイヤホンは市場に溢れており、ピンキリだ。イヤホンの f 特の測定は一般に困難(ダミーヘッドが必要)なため定量的な評価がほとんどない。イヤホンの選択はまるでクジを引くようで当たり外れがある。過去の経験から当たりよりもハズレの方が圧倒的に多い。口コミも当てにならない。価格と音質との関連もなく、高ければ良いというものでもない。この状況はヘッドホンでも同じだ。 続きを読む

ホームシアター5~薄型AVアンプは売れないのか

 ホームオーディオが廃れてしまった今、メーカはAV&シアターに主軸をシフトしている。消費者にホームシアターを作らせればアンプのほかにもスピーカが一度にたくさん売れるからだ。ところが5.1ch用のスピーカセットはコストを削った手抜き商品ばかりでロクなものがない。3万円程度のAVアンプにこのような手抜きSPを組み合わせてみても満足いくシステムができるはずがない。 続きを読む

ホームシアター4~PCでベストな動画再生環境

ホームシアターを構築してもPCから動画を再生する際、音声をパススルーで送らないとせっかくのサラウンドシステムが生かせない。これに関しては過去GOMやMPC-HCにffdshowなどを組み合わせていたが試行錯誤による苦労が多く満足いく環境が作れなかった。最近ようやく簡単にできる環境が整ったのでご紹介する。 続きを読む

1 / 1112345...10...最後 »