音楽苦楽部」カテゴリーアーカイブ

カーオーディオは廃れるか2

近年ナビの装着が当たり前になりオーディオ専用のデッキアンプを考える機会がなくなった。デジタルアンプはまだ普及していないがストラーダのSシリーズを買ってみた結果ではこのクラスでも内蔵のオーディオは必要十分なレベルにあると感じた。昔のようにパワーの数字だけ大きくて音は歪だらけという商品は減ってきた。また、オーディオの機能がナビと一体になったことでデザインの問題も消滅した。

続きを読む

ACラインフィルタは有効か

 オーディオ信号で問題となるノイズの周波数帯域は20kHz以下。ACライン周りでは、ノイズ対策と称して「絶縁トランス」や「ノイズフィルタ」が利用されているが、これらのほとんどはオーディオ帯域のノイズ対策に役立たない。 続きを読む

PCオーディオ再生の問題点

 下の表はRMAA(オーディオデバイス性能評価ソフト)を用いて手持ちのサウンドカード Creative Sound Blaster X-Fi Digital Audio(SB-XFI-DA)をWindows標準のMME(MultiMediaExtention)ドライバでループバックテストした結果。左から、SP出力→ラインIN、光出力→光IN、光出力(48kHz)→光IN(44.1kHz)。 続きを読む

オーディオ特性の測定と問題点

信頼性の高い測定を行うには測定冶具の準備が欠かせない。写真は測定のために自作した冶具類。左から4線式抵抗測定ケーブル、インピーダンス測定用抵抗、ダミー抵抗(3本)、アンプSP端子取出ケーブル、保護抵抗付ステレオミニプラグ。きちんと端末処理し、熱収縮チューブで絶縁してある。 続きを読む

たったの7万円で映画館を再現!ホームシアター 5.1chサラウンドシステムの作り方

 近年テレビの画質が大幅に進歩し、大画面で映画を楽しめるようになった。そんなテレビを買うと次に不満に思うのが音。高精細な大画面に対し、音が圧倒的に負けている。そんな現状に不満を持ってホームシアターを考える人が多い。しかし、そこに大きな落とし穴がある。

続きを読む

低音の出ないスピーカを改造する

 今使っているスピーカーの低音をもう少し伸ばしたい、そう思う時がある。こういう場合、普通はトーンコントロールを使ったりサブウーファーを追加するが、もう一つ、禁断の秘技がある。

 以下にご紹介する施策はあくまで自己責任。最悪スピーカーユニットを潰してしまうことを承知したうえで実施して欲しい。 続きを読む

ヘッドホンの選び方2~ヘッドホンは消耗品か

ヘッドホンの記事は数え切れないほどあるが、そのほとんどが音や装着感に関することで、それも定量的なデータではな「主観」的なものばかりである。ダミーヘッドを使って特性や歪を評価した記事はごく少なく、週刊アスキー(2009/05/19発売号)で見ただけだ。交換部品や耐久性を述べたものは、ほとんど見かけない。 続きを読む

3 / 9top...234...end