音楽苦楽部」カテゴリーアーカイブ

究極のスピーカセレクタを作る

複数のアンプやスピーカを持つとスピーカセレクタが欲しくなる。スピーカセレクタで最も重要なポイントは、「接触抵抗」であり、これが可能な限り小さく、安定することが要求される。このような要求を満たす商品はごく少数市販されているが、アンプが一台買えてしまうほど高価である。 続きを読む

アンプのダンピングファクタを実測比較する

各種アンプの出力抵抗(DF)を測定した結果を公表しよう。この結果は、2.5~4ohm程度の固定抵抗を負荷として使い、ON/OFF法を実施して出力抵抗を計算したものだ。測定には1kHzの正弦波が記録されたCD(DENON AUDIO TECHNICAL CD 38C39-7147)を使い、出力電圧はデジタルテスタを用いて測定した。 続きを読む

新築リスニングルームの設計~可動間仕切りを活用した理想設計の例

新築を機にリスニングルームを持ちたいという人も多いと思う。お金が豊富にあればオーディオ専用ルームを作れるかもしれないが、大抵は旦那の趣味だけのためにオーディオ&シアター専用の部屋を作ることは難しいはずだ。第一、奥様が許さないだろう。

続きを読む

JBL JRX115は究極のスピーカか

 サイキョーを連呼する某サイトでJBL JRX115がHi-Fi用途に強く推奨されていることを見つけた。以前「スピーカは30cmを超えるウーファ+広帯域ホーンを組み合わせた2Wayシステムが音質的に満足できる」と書いたが、現在こういうシステムは一部の高価な品を除き存在しない。

 JRX115はSR用で、プロ用機器を扱うショップでなければ絶対に出てこない選択肢だ。民生機器しか見てこなかった人にとっては盲点といえる。このスピーカは能率が98dBもあり、こちらのグラフからすると、組み合わせるアンプは20Wもあればいいことになる。 続きを読む

5 / 11top...456...10...end