クルマとカー用品」カテゴリーアーカイブ

試乗記~スズキ スイフトスポーツCBA-ZC32S 6MT

試乗日:2012/6/8

ボディ・内装
 空調の音はやや大きめ、オーディオはせっかくの2way6スピーカなのに音質はあまりよくない。
インテリアは値段相応で安っぽく見えない。うまくまとめている。
シート生地はツルツルの樹脂製で、背中が滑って落ち着かない。クッションの当たりや硬さも不自然。このあたりは価格相応といえる。 続きを読む

試乗記~スバル BRZ S 6MT

試乗日:2012/6/8

基本的には以前レビューした86と同じなので、重複する説明は省く。

ボディ・内装
 フルオートエアコンは左右別々に温度が決められるが、必要のない贅沢機能。別々の温度設定など要らないから下のグレードにもオートエアコンを標準装備してもらいたい。快適装備はロードゴーイングでデートカーに使われることもありうるスポーツカーにとって大切な要素だ。
続きを読む

2012スポーツカー選び 86はポルシェと肩を並べるか

gear1  86の登場によってスポーツカーの選択肢が増えた。ギア比のデータが出揃ったのでたので、早速検証してみた。比較対象は、自分が乗ってきた車(スカイライン2.5LNAとロードスター1.8L)およびスポーツカーの有力候補(86とスイフトスポーツ)、本格スポーツまがいの商品だったアルテの5車種である。スカイラインのギア比は5速の代表として速度レンジの参考になる。
左のグラフは4000回転のときの各ギアの走行速度を示している。4000回転を目安にシフトアップしていったときの速度だと考えてもらえばよい。 続きを読む

試乗記~トヨタ86 G AT

試乗日:2012/5/31

 

ボディ・内装
 本格スポーツをイメージさせる前衛的デザイン。シートに座ると深く沈みこみ、RX-7に乗ったときのことを思い出させる。
シートベルトは取りやすいようホルダーが付いているが、シートと一体で布製のため耐久性に懸念がある。
内装は安っぽい。一応部分的にクッションが入っているが安いシボではそのメリットが生かされない。バイザーは梱包材のような質感。天井裏は空洞でボン付く。 続きを読む

プリウスアクアは本当にエコカーなのか

プリウスアクアが登場して注文が殺到しているという。アクアの注目点は車重が軽くなって1トン少々になったことだ。そもそも重たいエコカーなどありえない話、これは素直に評価していい。しかし問題はやはりバッテリにある。周知の通り、バッテリには賞味期限があり交換価格も高額だ。 続きを読む

4 / 17top...345...1015...end