カテゴリー別アーカイブ: クルマとカー用品

エコカーの行方~EVは普及するか

以前の記事はこちら。マイクロハイブリッドは「ゼンマイ」を使うというアイデアもあるようだが、エネルギー密度の点で実用化は難しそうだ。しかし「革新的」なゼンマイが登場すれば、それも変わるかもしれない。

エコカーの本命について以前面白い記事をみかけた。それは 続きを読む

EV自動車は普及するか~EVブームに踊る日本企業

日産リーフは大量のバッテリを積み1.5トンに達する重量級ボデイを引きずりながらエコカーを自称する商品である。ランニングコストは確かに安い。深夜料金(9円/kwh)を利用すると1.4円/km程度でありガソリン燃費換算でリッター100キロは走る計算になる。プリウスなどのエコカーに乗った場合と比べてもガソリン代は5年間で25万円以上浮く計算だ。 続きを読む

プリウスアクアは本当にエコカーなのか

プリウスアクアが登場して注文が殺到しているという。アクアの注目点は車重が軽くなって1トン少々になったことだ。そもそも重たいエコカーなどありえない話、これは素直に評価していい。しかし問題はやはりバッテリにある。周知の通り、バッテリには賞味期限があり交換価格も高額だ。 続きを読む

試乗記~ダイハツ コペン

試乗日:2011/10/10

ボディ・内装

コペンのスタイルはとても美しく今でも色あせていない。内装もロードスターと同じUIに問題があるが、スポーツムード十分である。純正オーディオの音質は音域を欲張らずバランスの良い音にまとめられている。 続きを読む

試乗記~ダイハツ ムーヴX

試乗日:2011/10/10

ボディ・内装
 高級ミニバンをそのままダウンサイズしたような外装、内装を持ち、チープなところが見当たらない。エクステリア、インテリアともにデザインの手抜きも無く、室内空間とのバランスも良い。装備も充実していてエアコンの空調も静か、居住性も優れている。
見た目がよい反面、操作系のタッチはチープ。オーディオの音質も価格相応。 続きを読む

試乗記~マツダ デミオ 13-スカイアクティブ

試乗日:2011/10/09

ボディ・内装
 ヨーロッパの販売を意識してデザインされたボディは日本車離れしておりプジョーに近い雰囲気を持つ。全席手抜きの無いシートが付いており、シートベルトのテンションも適度。ヒップポイントは高すぎず、スポーツカーとしてみても違和感ない高さ。 続きを読む

プリウス アクアはお得か~エコカーの選び方

燃費は走行抵抗と密接な関係がある。平地の走行抵抗は

走行抵抗=空気抵抗+ころがり抵抗+加速抵抗

であり、通常燃費をうたうクルマの空気抵抗ところがり抵抗に大差なく、「加速抵抗」だけで決まるといっていい。加速抵抗は、ニュートンの運動方程式から

加速抵抗=クルマの質量×加速度

である。 続きを読む

2011スポーツカー選び

私のスカイラインもそろそろ10年を過ぎて新しいクルマを検討する段階にきた。今度もスポーツカーを選びたいが、いまや1.4トンを超える重いドンガラにデカイエンジンを載せた燃費の悪いクルマは選びにくい時代だ。それに重量級スポーツに「走りの楽しさ」が期待できないことも経験済みである。今選ぶとしたら車重1トン前後、排気量1.5L以上のライトウエイトスポーツ(MT)である。 続きを読む