クルマとカー用品」カテゴリーアーカイブ

試乗記~ダイハツ ムーヴX

試乗日:2011/10/10

ボディ・内装
 高級ミニバンをそのままダウンサイズしたような外装、内装を持ち、チープなところが見当たらない。エクステリア、インテリアともにデザインの手抜きも無く、室内空間とのバランスも良い。装備も充実していてエアコンの空調も静か、居住性も優れている。
見た目がよい反面、操作系のタッチはチープ。オーディオの音質も価格相応。 続きを読む

試乗記~マツダ デミオ 13-スカイアクティブ

試乗日:2011/10/09

ボディ・内装
 ヨーロッパの販売を意識してデザインされたボディは日本車離れしておりプジョーに近い雰囲気を持つ。全席手抜きの無いシートが付いており、シートベルトのテンションも適度。ヒップポイントは高すぎず、スポーツカーとしてみても違和感ない高さ。 続きを読む

プリウス アクアはお得か~エコカーの選び方

燃費は走行抵抗と密接な関係がある。平地の走行抵抗は

走行抵抗=空気抵抗+ころがり抵抗+加速抵抗

であり、通常燃費をうたうクルマの空気抵抗ところがり抵抗に大差なく、「加速抵抗」だけで決まるといっていい。加速抵抗は、ニュートンの運動方程式から

加速抵抗=クルマの質量×加速度

である。 続きを読む

2011スポーツカー選び

私のスカイラインもそろそろ10年を過ぎて新しいクルマを検討する段階にきた。今度もスポーツカーを選びたいが、いまや1.4トンを超える重いドンガラにデカイエンジンを載せた燃費の悪いクルマは選びにくい時代だ。それに重量級スポーツに「走りの楽しさ」が期待できないことも経験済みである。今選ぶとしたら車重1トン前後、排気量1.5L以上のライトウエイトスポーツ(MT)である。 続きを読む

カーナビ地図3年無料更新?

最近はカーナビ地図更新を3年間無料にするのが流行っているらしい。本当にユーザーの利便を考えるのなら、3年ではなくて「3回」にするべきだろう。大抵の人は3年までに一度は更新を考え、そのとき特に不便を感じなければ更新などしないからだ。 続きを読む

FT-86とスポーツカーの終焉~なぜ頭文字Dとコラボしなかったのか

 FT-86はAE-86をイメージさせる。ターゲットは若者だというが、中身を知るにつれ疑問に思えてくる。まずは動力性能。ライトウエイトのキビキビしたハンドリングを求めた場合2LのNAに1.25トンはやや重い。この重さはターボでちょうど良いくらいだ。軽量化を頑張ったようだが、2LのNAなら1.1トン台でないと苦しい。 続きを読む

EVの普及とハイブリッドの将来

EVが急速に伸びているという。国の後押し(減税、補助金)によって車両価格が手の届くところに来たためだ。とはいえ、本格普及には課題が残っている。それは「充電時間が長すぎる」「電池交換が高額」ことだ。充電時間は「カセット交換式」によって解決するし、高額な電池も標準化による量産効果とリサイクルシステムが実現すれば下げられるかもしれない。 続きを読む

試乗記~ホンダ CR-Z α CVT ナビ付

試乗日:2010/3/18

ボディ・内装
 最近のホンダに共通するアグレッシブなデザインで内装もそれに準じる。未来をイメージするものだが個性の強いメータ周りも含めアニメチックにならずうまくまとめている。
 内装も上質感がありスイッチなど操作系も高質感がある。ただ天井内側に吸音材が省略されていてバイザーをあげるとボン付く。 続きを読む

トヨタ車の暴走~電子制御に不具合はない?

すべてがメカニカル式だった昔のクルマは暴走しなかったし、何か起っても最悪キーを回してエンジンを切ってしまえばよかった。しかし今時のクルマはアクセルもブレーキも電子制御で、しかもスマートエントリー(ボタン式のエンジン始動)である。これは走行中だと3秒以上押し続けなければエンジンが切れないシロモノらしい。 続きを読む

5 / 17top...456...1015...end