DOS/V 自作PC」カテゴリーアーカイブ

Core2Duo乗り換えの落とし穴

従来、IntelのCPUは性能、事業戦略共に疑問が多かったが、ようやくまともな物が出た。Core2Duoは、現時点でベストな選択といえよう。64bit環境で若干問題あるようだが、大規模FEM計算をしない一般ユーザは関係ない話である。 続きを読む

PCの低騒音化

 DOS/V PCは大小いろんなメーカから売り出されている。大手メーカから、小さなショップがコツコツ手作りして通販しているものまで様々だ。しかし、同クロックの同CPUを使った完成品をみると、大手メーカ製のものは静かであり、ショップのものは音がうるさいということがしばしばある。 続きを読む

AMDは我が世の春をみるか~インテルの高クロック戦略の失敗

これまでCPUのクロックが右肩上がりに上昇してきたのは、プロセスの微細化とクロックの上昇が連携してうまくいっていたからである。しかし、90nmのプロセスで作られたPrescottoでは、これまでの手法が通用せず、消費電力が逆に増えてしまっている。 続きを読む

DOS/V PCの換気設計

kousei1 図はDOS/V PCの換気設計の例。現在の私のシステムを図にしたもの。最近のトレンドである静音にも配慮した。
 図の場合、前面上部と背面下部の「よどみ」を気にする人もいるが、実際は主流につられて渦を巻く形になるため問題ない。

 

続きを読む

エレコムのマウスはオモチャ?~使えないマウスをなんとかする

  私はこれまで、「マイクロソフト ホイールマウス」を使ってきた。このマウスには「品格」がある。それは、手にすっぽり収まる一体感、適度な重量感、滑りの良さ、滑らかなスイッチ類の感触、といった特性から生まれている。

 今まで「ボール」でトラッキングするマウスを使ってきたが、光学式マウスの性能が良くなってきたので、エレコム社の「イメージセンサマウス」を買ってみた。ところが、どうも使用感が良くない。
続きを読む

3 / 4top...234