趣味」カテゴリーアーカイブ

BOSEの音はなぜガサツなのか!?~11.5cmフルレンジの秘密に迫る

 写真はBOSE101MM。グリルを取ると11.5cmのフルレンジユニットが見える。

 101シリーズは現在生産されていないが、このユニットはSR用SPのメインユニットに使われている。

 

 BOSEはこのユニット1つでプロ機器から民生機器まで支えてきたといっていい。振動板にバリエーションがあるが、基本設計は同じ。今回はこの11.5cmフルレンジの秘密に迫る。

続きを読む

2017年シビックタイプR!~また出た本格(風)スポーツカー

「320馬力!ニュルのタイム最速!!」期待を胸に買ってみると、予想しなかった意外な問題に気づく。「確かにすごい加速はする。でもコレは・・」我慢強い人は、数年乗り続けるかもしれない。そして「スポーツカーはもう二度とゴメン」で手放す。いつもこのパターンだ。

続きを読む

失敗しないマウスの選び方~ラバーコートのべたつきを直す

 マウスを頻繁に買い替える人が多い。私もその一人だった。それほどこの市場にはロクな商品がない。私たちが欲しいのは、普通に使えるごく普通の商品。それが見つからないのだ。

 私は過去、ゲーム用のマウスでそれを見つけた。logicool MX518。手になじんだこのインターフェースは空気や水のような存在になっている。MX518の発売は2008年。とうの昔に廃番になっていているが、私のMX518はメンテを繰り返して未だ現役。

続きを読む

Webデザインに適したモニターの選び方

 SEOに注力しWebサイトに来てもらっても、ポチってもらわなければ収益は生まれない。そこに説明文の見やすさや、商品写真の出来が影響することが想像つく。

 これまで色再現は印刷の世界がメインだったが、最近は液晶パネルの品質が向上し、商品写真の色合いをわりと正確に消費者に伝えることが可能になってきた。商品の魅力を正確に消費者に伝えることで、販売成約やクリック率の向上が期待できる。Webサイトのカラーも、今より見やすくできれば滞在時間を長くできるかもしれない。

 写真の色やWebサイトのカラーについて最適化するためには、色やコントラストを正確にチェックできる環境が必要だ。そこでWebデザインに適したモニターを検討してみた。

続きを読む

CPUに付いている古いグリスの落とし方~エタノールで油は落ちない

 グリスの除去方法について検索すると「アルコールを使いなさい」とするアドバイスが多い。アルコールといってもいろいろある。ここはおそらく、IPA(イソプロピルアルコール)のことだが、勘違いして無水エタノールを使ってしまうケースが多いようだ。

 IPAのほか、灯油も使えるが、こちらはあまり知られていない。

 

続きを読む

050発信のIP電話は使い物になるか~TONEモバイルを徹底評価する

 「安いので仕方ないね」「まあオマケだし・・」050発信のIP電話が増え始めたが、その回線品質についてあまりいい評判を聞かない。

 TONEも050発信の端末だが、“フリービットグループ独自の技術によりクリアな音質を実現しています”という。「フリービット独自の技術」はおそらくEmotion Link(Emotion Link Active Node)のこと[1]。TONEはこれによって他の050データSIMよりはマシな品質を実現しているようだ。

続きを読む

WordPress開発環境のまとめ~vccw,xdebug,Eclipseのハマり所と対策

 WordPressはブログ作成に広く使われているが、テーマをカスタマイズして使っているケースがほとんどだと思う。カスタマイズはWordPressの中からできるが、動作が遅くて効率が悪い。ここを改善するためには、専用の開発環境が必要になる。

 WordPressの開発環境についてネット探すと色々紹介記事が出てくる。しかしそこに書いてある手順通りにやっても、うまく入らないことが多く、簡単に比較ができない。ブログをメインに書く人にとって、開発環境の構築はハードルが高い作業に違いない。

 そこで今回は、WordPress開発環境を比較した結果から、アマチュアブロガーにおすすめできる開発環境をご紹介する。それと、その開発環境を実際に入れてみて大ハマリした経験をもとに、ハマりどころとその対策についてご紹介する。

続きを読む

静かなタイヤの選び方~レグノを超える究極の静音タイヤはこれだ!

 そろそろ5年になるフィットのタイヤを交換した。私が選んだタイヤはREGNO GR-XI 175/65R15。REGNOは多くの先端技術を結集して作られたこの世で最も静かなタイヤの一つだ。最近は軽自動車までカバーするラインナップを展開している。

 

続きを読む

クルマの異音がどこから出ているのか調べる方法

 最近のクルマは静かになった。これと同時に目立ってきたのが「異音」。「カタカタ」「ビリビリ」といった音が出ると、クルマの価値が下がったように感じる。

 異音対策が難しいのは、それがどこから出ているのか、わかりにくい為。メーカーや販売店にとっても、異音のクレームは最も厄介な問題に違いない。

 ネットには異音対策を紹介する記事がある。ところが、肝心の音源の調べ方について書かれた記事がほとんどない。原因がわからなければ、対策も始まらない。

 そこで今回は、クルマの異音がどこから出ているのか、調べるための調査の進め方と、その対策手段についてご紹介する。

続きを読む

2 / 47123...510152025...end