カテゴリー別アーカイブ: 趣味

現代のコンデジは5年前のハイエンドを超えたのか

パナソニックのDMC-FT1が届いてからいろんなテストをしている。ソフト修正があるとはいえ、ズーム全域で周辺まで破綻がなく、広角端での周辺減光のなさ、コントラスト、パープルフリンジなど一通りチェックしたが想像以上に優秀である。 続きを読む

パソコンのケースは黒ばかり~インテリアを破綻させる商品

最近パソコンのケースを求めたが、ショップに並ぶケースは黒ばかりで昔見かけたベージュ系のものはほとんどみかけない。なぜか、黒が流行のようだ。黒が似合う部屋というとダーク調のインテリアでまとめられた書斎くらいで、和室にも洋室にも合わない。 続きを読む

カーオーディオは廃れるか

妻のプラッツにはMDコンポが付いているが、メディアが廃れてしまったのでCD付きのコンポにリプレースした。私が選んだのはケンウッドのE242Sである。昔のカーオーディオは妙に変形させた下劣なデザインにチカチカ動く無意味なイルミを追加した、どうしようもないものがほとんどだったが、最近では落ち着いたものが増えた。しかし未だ室内インテリアとのマッチングに十分配慮したものはなく、取り付ければ「いかにも後付ですよ」と主張して違和感がある。 続きを読む

普通車から軽やハイブリッドに乗り換えるのはトクか

不況を機会に、軽やハイブリッドに乗り換える人が増えているという。維持費は確かに安くなるが、イニシャルコストが必要なため最初は損になる。問題は、その償却年数だ。つまり、何年で乗換えのメリットが出てくるか、という点だ。
条件を適当に想定して、計算した例を示そう。下は、普通車(1.5L、2.5L)から軽に乗り換えた場合の、諸経費の差額とイニシャルコストの償却年数を計算したものだ。 続きを読む

フェアレディZはロードスターに比べてどのくらい運転がダルいのか

新しいスポーツカーが発売されると、「何キロ軽量化しました」とか、「ホイールベースを何mm縮めました」とかいう話を良く聞くが、それがハンドリングや応答性にどの程度影響するのか、素人には理解不能である。結局、馬力やトルクなどの動力性能や、シフト段数といった、わかりやすいスペックに目が行ってしまうようだ。その結果、大パワーのスポーツカーをフンパツして買ったが、「確かに速い。ものすごい加速をするが、応答がダルくて運転がつまらない」という悲劇も起こりうる。そこで今回は、応答性について考察する。 続きを読む