カテゴリー別アーカイブ: 趣味

ねじ締結の落とし穴~締付けトルクより重要なもの

 「ねじが緩んだので締付けを強くしました」これは必ずしも正しくない。ねじの使い方が間違っている場合、締めれば締めるほどよく緩む。ねじ締結で問題が起きた際、緩めたにせよ、強めたにせよ、標準的な締付けトルクを逸脱する形で問題を収めたら、締結の信頼性か、強度のどちらかが犠牲になっている。

続きを読む

家庭で使う電動ドライバーの選び方

 電動工具と聞いてみなさんは何を思うだろう。

「そんなもの要らない」「勿体ない」

そう思う人が多いと思う。電動工具といっても、いろいろある。私の経験上、身近に置くことで非常に役立つ電動工具がある。それは「電動ドライバー」だ。

続きを読む

パーテーション単位のバックアップソフトは使いものになるか

 DOS/Vパソコンの黎明期はマザーに必要なドライバの導入で試行錯誤が必要だった。そのため苦労して構築した環境をパーテーション単位でバックアップしたいことがあった。OSのインストールからドライバ導入まで何も考えずスムースに出来る現代では、バックアップを取ってレストアするよりゼロからインストールした方が早く復旧できることが多い。市販のパソコンを買ってもリカバリ領域が付いてくることが多く、この手のツールを利用する機会はほとんどなくなった。

続きを読む

洗濯機を長持ちさせる~9年目のオーバーホール

 洗濯機のような水物家電は5年を過ぎるといろんな部分が劣化して調子悪くなる。最近の洗濯機は余分な機能が増えて故障も多くなった。洗濯機はシンプルな商品を買って、傷んだ部分を自分でメンテしていけば、10年くらい長持ちさせることも不可能ではない。

続きを読む

コンクリートの欠けを補修する

DSC01313b ドブ板やブロックなどのコンクリートが欠けた部分を補修したいことがある。これに対し、ホームセンターに売っているセメントや補修材を使ってもうまくいかないことが多い。

 写真は外構工事のとき重機が乗って割れた部分。このように薄く割れたところの補修は難しい。モルタルやセメントは基本的にコンクリートと接着しないので、これらを薄く塗りつけても硬化するときに収縮して剥がれてしまう。ここは過去何度もトライして失敗を重ねてきた。

 

 

続きを読む

コーヒーの味を長持ちさせる

 コーヒーは淹れたてが美味しく、その後急速に味が落ちる。朝淹れたコーヒーはせめて昼まで持って欲しい、そう願うのだが2時間がせいぜいだ。この品質劣化をステイリング(staling)と呼び、その原理はまだ解明されていないらしい[1]
 アルカリ処理でこの劣化を遅らせることが出来ることはわかっていて、そのpH調整剤に炭酸水素ナトリウムもしくは、炭酸ナトリウムが使われているという。この添加によってどのくらい味が持つのか。コーヒーの風味がどう変わるのか。今回はこれを実験してみた。

続きを読む

PH計/PHメーターの選び方2

これまで新電元のKS723を使ってきたが、あまり使わないうちに内部のKCLが干からびて使えなくなった。一度電極を交換したが、いくらも使わないうちまたダメになってしまった。今は廃番になっていて交換電極も手に入らない。そこで新しいPHメータの導入を検討した。

続きを読む

コーヒーメーカーを長持ちさせる

DSC01297a 写真はハリオV60の1年過ぎた様子。ハンドドリップに匹敵する味を作り出すコーヒーメーカーとして以前紹介したもの。写真の通り、保温プレートがかなり痛んできた。下地が錆びてフッ素コートが浮き上がり剥がれている。
 コーヒーメーカーは保温プレートがウイークポイントで、多くの商品で同じ問題を見てきた。この部分はステンレスが適しているはずだが、ほとんどのメーカーが鉄にフッ素コートしている。

 保障期間内に修理に出しても良かったが、どのみち同じこと。DIYで直すことにした。

 

続きを読む