カテゴリー別アーカイブ: 趣味

財布や鞄のファスナー、スナップボタンを長持ちさせる

 財布や鞄のファスナー、スナップボタンは過酷な使われ方をするので、その部分が次第に調子悪くなる。ファスナーは閉じたエレメントが開いてしまったり、途中で引っかかるようになる。スナップボタンは使ううちに緩くなり、勝手に開くようになる。これらファスナーやスナップボタンには寿命があり、使ううちに痛んでくるのは仕方ない事、とされているようだ。

続きを読む

ヤキソバはなぜ焦げ付くのか~鉄のフライパンは○○で油返しせよ!

ヤキソバを調理する際の課題にフライパンの焦げ付きがある。これは特に鉄のフライパンで問題になる。ヤキソバやご飯のような炭水化物は、加熱した鉄に対して基本的に焦げ付く。ではなぜプロは焦げ付かないで調理できるのか。今回はこの秘密を解明する。

続きを読む

茶碗1杯(0.5合)の炊飯を極める

鍋とコンロを使って炊いたご飯は電気炊飯器よりずっと美味しい。電気炊飯器いまの味から脱却できないの原因は、その設定水加減にあること以前書いた。10年前はガスコンロを使ってこの実証実験をやったが、今回はIHクッキングヒーターを使ってガスの味の再現にトライする。そして、難しいといわれる0.5合の極少炊飯でガスを上回る味の実現にチャレンジする。

続きを読む

IHとフッ素コートのフライパンでパラパラチャーハンを作る

チャーハンは難しい調理メニューの一つだ。一般家庭でパラパラに作れないのは火力が弱いからだという噂があるが本当だろうか。ご飯同士がくっつかなくなる作用はタマゴに含まれるレシチンの仕業に間違いないが、タマゴの使い方に何か重要なポイントがあるようだ。今回はこれを解明し、一般家庭にある普通の調理器具を使い、誰でも簡単パラパラチャーハンを作れるようにする。

続きを読む

わずかな細工で部屋の音響特性を劇的に改善する

 「いい音を出すにには部屋が重要」 「部屋が良くないと、どんなに良いスピーカもその性能を発揮できない」・・よく聞かれるフレーズだが、具体的に何が課題でどうしたら直るのか、わからない人がほとんどだと思う。闇雲に吸音材を配置すれば、無響室のような潤いの無い環境になっててしまう。
 音を悪くする要因に「定在波」がある。平行な面で構成される室内にはたくさんの音響的な固有振動モードがあり、残響が多いとこれらのモードが励起されて定在波が立ちやすい。定在波が立つとその周波数のレベルが盛り上がると同時に過渡応答が著しく劣化しブーミーになる。

続きを読む

ジャズ喫茶ベイシーの音の秘密~ハイレゾ時代のスピーカー選び

 ベイシーとは岩手県一関市にあるジャズ喫茶。音の魅力だけで客を引き寄せる数少ない店の一つだ。スピーカーの構成は軽量コーンの15″ウーファー(JBL 2220B)2発を密閉箱に入れ、中高域にホーンを使ったもので、能率は103~104dBと推測される。密閉箱の容積は1kL近い巨大なものらしい。低域再生限界は計算上50Hzだがそれ以下もダラ下がりに伸びていると見られる。

続きを読む

Windows10のデメリットとマイクロソフトの没落

「だいぶマシになった」 私は、自宅のWin8マシンを10にアップデートしてそう思った。モトが8の場合は10にあげることでストレスが少し緩和される(但し、ファミリーセーフティは機能ダウンしてしまう。細かい時間設定ができなくなるので、これが必要な人はバージョンアップしない方が良い)「Windows7をあえて10に上げる必要はない」そうも思った。

続きを読む

ガーデンシュレッダーの選び方

DSC00036a 写真は新築のときに植えたシマトネリコ(6年目)。我が家では蚊が少なくなるこの時期に剪定をやる。この木の成長は1年で数メートル。年に2回剪定しているが下の写真のように切っても1年で上の状態に戻る。近年この繰り返し。脚立で届かない高さになったらオシマイなので、放っておくわけにもいかない。

 

続きを読む

なぜ4代目プリウスの実燃費はアクアに劣るのか

 このクルマを検討する人にとって、燃費は大きな関心事に違いない。4代目プリウスのEグレードはJC08モード燃費40キロという。ハイブリッドの公称値と実燃費は、ビックマックの写真と現物と同じくらいの隔たりがある。世間では「40キロ」という数字だけ取り上げてアクアを超えると騒がれているが、実燃費でアクアを超える可能性が本当にあるのだろうか。
 以前、クルマの実燃費は車重の比率から正確に予測できると書いた。今回は同じ式を使って、現行アクアに乗っている人が4代目プリウスに乗り換えた場合の実燃費を予測してみよう。 続きを読む