タグ別アーカイブ: 日用品

よく切れ、くっつかない包丁の選び方

 どこの家庭にも1本はある包丁。ホームセンターやスーパーで適当なものを買って済ましている人が多いのではないだろうか。包丁は奥様が握るもの。モノにこだわる旦那でも関心の低いアイテムかもしれない。
 ところで、包丁を握るとよくストレスを感じることが2つある。それは、切った食品が側面にくっつくこと、研いでもすぐ切れ味が悪くなることだ。

続きを読む

コーヒーメーカーを長持ちさせる2~ハリオV60保温プレートをステンレスに

 写真はハリオV60。購入1年後に保温プレートがダメになり、ローバルで亜鉛メッキして1年経つ。亜鉛めっきすると錆にくいが、汚れが焼きついて落ちない。結局汚く見えることに違いはなかった。

  多くのコーヒーメーカーが保温プレートを鉄で作って買い替え需要を喚起しているが、ハリオV60の保温プレートは板だけ外せる。「いっそステンレスにしてしまおう」そう思って交換してみた。

 

続きを読む

スリッパ・ルームシューズの選び方

 みなさんは家にいるとき、足の小指を何かに引っ掛けて痛い思いをしたことはないだろうか。去年私はこれをやって、小指が紫色に腫れ上った。
 病院でレントゲンを撮ってもらったところ骨は折れてなかった。医師から「家にいるときはスリッパを履いて、ちゃんと通路の真ん中を歩くように」と指導された。コーナーを最短距離で移動しようとすると指を引っ掛けやすい。せっかちな性格が災いしたようだ。

続きを読む

静電気の除去方法~道具を使わないで確実に放電させる

 私はあまり汗をかかないので1年中、静電気に悩まされる。間接放電が一つの解決策だが、この方法は使う道具の電気抵抗の大きさが重要だ。金属製のキーやピンなど、抵抗の小さいものは瞬間的に放電するため間接でも痛い思いをすることが多い。逆に抵抗が大きすぎるものは放電に時間がかかりイライラする。どっちにしろ面倒くさいことに変わり無く、この手の道具はすぐに使わなくなった。
 実は、間接放電にうってつけのモノが自分の手に付いている。これを利用すれば道具は必要ない。私はこれで放電の痛みから解放された。私はずいぶん前からこの方法を実践している。

 

続きを読む

治療した歯が繰返し虫歯になるのはなぜ?~電動ハブラシの選び方

 今年、歯にかぶせてあった金属の詰め物(インレー)が取れたので歯医者に行った。インレーが取れるのは決まって年明け早々。お餅がきっかけになるケースが多かった。このインレーを入れたのはおよそ10年前。
 インレーが取れる原因の多くは、歯とインレーとの間に隙間ができて虫歯になり、それが拡大した結果。多くの人が「これは仕方のないこと」として諦めているのではないだろうか。

続きを読む

中華まんの蒸し方~究極の蒸し方はこれだ!

 多くの人が好む中華まんの仕上がりは「ふわふわ」。同じふわふわでも、含まれる水分の量によって食感に違いが出る。パンのような乾燥に近いふわふわから、コンビニの中華まんのように、水分を沢山含んだ「しっとりふわふわ」まである。

 ところが、家庭で中華まんを調理すると、あまり美味しくない。どうしてコンビニのようにならないだろうか。

 電子レンジを使った調理法がネットで紹介されているが、その通りやっても再現できない。表面は美味しそうに見えるが、中身は乾いたパンのようにパサパサ。なぜ電子レンジでうまくいかないのだろう。

 私はこの点に疑問をもち、来る日も来る日も中華まんを調理(実験)して、ようやくこの謎を解明できた。

続きを読む

鍋の選び方

 一口に鍋と言っても沢山の種類がある。皆、値段や重さなどをみて「なんとなく」選んでいるのではないだろうか。効率などの違いはあまり気にせず「鍋とはこんなもの」「どれも大差ない」と思われている。買ったときにちょっと大きすぎた(小さすぎた)と思うことがあっても「ま、いいか」で済まされ、それが使えなくなるまで買い換えない。
 鍋の効率は沸騰時間に現れる。麺類を茹でるとき大量の水が要る。説明書き通りの水を使うと沸騰まで時間がかかりすぎてやってられない。説明書よりずっと少ない量で茹でている人が多いのではないか。効率の良い鍋を使うとこの沸騰時間を短縮できる。今回は効率に注目して鍋を選ぶポイントをまとめてみた。

続きを読む

アルカリ電池の恐怖3~三菱の電池は消費期限内に破裂する

 「電池は切れたら交換すればいい」 昔はこれで良かったが、今はそうはいかない。アルカリ電池は消費期限が短いため、電池が切れる前に消費期限が先に来てしまう。まだ使えると思って入れていると、いつの間にか液漏れしている。
 そんなアルカリ電池でも、消費期限内(使用奨励期限内)であれば問題ない・・今までそう思ってきたが、その常識が当てはまらない電池が見つかった。

続きを読む

スーツケースの選び方~防水スプレーを超える撥水加工をする

 最近のビジネスシーンではパソコンが必須になっている。ノートパソコンの重さは1キロを超えるものが多く、2キロ近い商品もある。そんなパソコンを手鞄やショルダーバッグに入れて持ち歩くのは結構しんどい。重いものを長時間手に持つと健康に悪い。姿勢が崩れ腰や肩を痛める可能性から、営業マンにリュックを持つよう勧める事業者もあるようだ。

続きを読む

皮革を長持ちさせる~あなたの知らない皮革商品の実態

 皮革商品は使ううちに皮脂や汗で汚れていく。水洗いできず、手入れは乾拭きかオイル、クリーム(乳化オイル)を塗るだけ。汗や皮脂で汚れた上からオイルを塗れば汚れを革の奥に閉じ込めてしまう。私はこのことについて、ずっと疑問に思ってきた。

 このような手入れをした物は、使っているうちは問題ないが、放置するとカビだらけになる。洗えないので破棄。皮革商品のほとんどが、このパターンで消費されているようだ。「皮革に栄養補給が必要」という話もピンとこない。「カビの栄養補給になる」という話なら理解できる。

続きを読む

1 / 612345...最後 »