研究」タグアーカイブ

接点復活剤・コンタクトオイル研究のまとめ

 市販の接点復活剤は一時的に回復するだけ。しかし、オイルを選んで使えば、それ以外にも接点の錆や摩耗を防ぎ、接点を長持ちさせることが出来る。ずっと新品のコンディションを維持できる・・

 当館では2002年からそんなオイルを探し求めて調査し、実験と改良を繰り返してきました。その経緯と、たどり着いた結論をご紹介します。

続きを読む

洗車スポンジ濾材のまとめ

 当サイトで洗車スポンジ濾材を紹介してから、そろそろ20年になります。いまではアクアリウム用濾材の定番の一つとして、定着したように見受けらます。
 今既に実践されている方や、これから実践される方々が当サイトの情報を利用しやすいよう、あちこちに散らばる記事をまとめました。洗車スポンジ濾材のアイデアが、アクアリウム成功の手助けになれば幸いです。


 

製法

作り方をご紹介。身近な材料で安く作れますが、少しコツがいります。

洗車スポンジ濾材の作り方

近年パクリ記事を多くみかけるようになりました。製法を紹介する場合は、必ずこちらを参考にリンクを設置し出典を明確にしてください。

 

濾過システムの作り方

洗車スポンジ濾材を使ったろ過システムの作り方です。

濾過システムの標準構成

 

Q&A

過去にいただいた質問をまとめました。

洗車スポンジ濾材のQ&A

 

検証の経緯

1999年から2005年にかけて検証してきた経緯をご紹介します

洗車スポンジ濾材12~洗車スポンジ濾材のライバル

洗車スポンジ濾材11~洗車スポンジ濾材はこうして生まれた

洗車スポンジ濾材10~水中ではほとんど劣化しなかった

洗車スポンジ濾材9~スポンジ濾材は詰まるか

洗車スポンジ濾材8~3年後の様子

洗車スポンジ濾材7~スポンジ濾材の寿命は永遠か

洗車スポンジ濾材6~塩水で働くバクテリアの様子

洗車スポンジ濾材5~成功と失敗例

洗車スポンジ濾材4~スポンジ濾材は詰まるか

洗車スポンジ濾材3~11ヶ月後の様子

洗車スポンジ濾材2~嫌気性濾過能力はあるか

洗車スポンジ濾材1~3ヶ月後の様子

究極の濾材を発見?~洗車スポンジ濾材の検証を開始

 

<参考購入先>
洗車スポンジ濾材EX (現在取り扱っていません)

<関連記事>
濾材の濾過能力を計算で求める
アクアリウム用濾材の選び方(シポラックス、パワーハウス、etc..)
スポンジ濾材の耐薬品性をテストしてみた

 

サブウーファーの置き方と音の遅れの改善方法~もうこれで遅い!とは言わせない

 ホームシアターではサブウーファーが使われるが、買ってきてポン置きしただけではその性能を十分発揮できないことがほとんどだ。そして「サブウーファーの音は遅れる」と評され、その原因がサブウーファーにある、とされている。

 今回は、サブウーファー単体の遅れの改善にトライし、「遅れる」と評される真の原因を突き止めた。そして、サブウーファー本来の性能を発揮できる最適な置き方を検討した。

続きを読む

スピーカーのインピーダンス特性を測る

 スピーカーのインピーダンス特性は、最低共振周波数、バスレフポートの共鳴周波、共振倍率Qといったスピーカーシステムの特性や、エンクロージュアの問題点を教えてくれる。

 インピーダンス特性は、抵抗とICレコーダーがあれば、誰でも簡単に測れる。今回はこれらの道具を使って測る方法をご紹介したい。

 

続きを読む

サブウーファーの音の遅れを測る2~インピーダンス特性から遅れを算出する

 前回はトーンバーストを使った遅れの測定結果をご紹介した。この方法は任意の周波数の遅れを測れるが、ボンボン不快に響く低音は、遅れが最も大きい周波数が目立った結果。私たちが知りたいのは、その遅れの最大値ではないだろうか。そこで、今回はこれを正確に測る方法を検討してみた。

 

続きを読む

中華まんの蒸し方~究極の蒸し方はこれだ!

 多くの人が好む中華まんの仕上がりは「ふわふわ」。同じふわふわでも、含まれる水分の量によって食感に違いが出る。パンのような乾燥に近いふわふわから、コンビニの中華まんのように、水分を沢山含んだ「しっとりふわふわ」まである。

 ところが、家庭で中華まんを調理すると、あまり美味しくない。店先やコンビニのようにならないのはなぜだろう。

 電子レンジを使ったお手軽調理法がネットで紹介されている。その通りやると、見た目は美味しそうに見えるが、中身は乾いたパンのようにパサパサになってしまうことが多い。

 この謎の解明に取り組み、そのうえで究極の蒸し方を見つけたのでご紹介する。

続きを読む

オリンパスTG-4でタマミジンコを顕微鏡コリメート撮影する

 オリンパスTG-4をBH-2と組み合わせてコリメート撮影をしてみた。TG-4は光学系や構造がコリメート撮影に適した形になってる。機能面ではプリセットWB、フォーカスロック、RAW記録などが有用だが、露出固定ができない、動画撮影時はフォーカスロックできないなど、多少制約がある。
 撮影対象物はタマミジンコ(Moina)。サイズの大きなプランクトンで、動きが速く観察が難しい対象だ。

続きを読む

皮革製品をジャブジャブ水洗いする

 皮革製品は洗えない・・それがいままでの常識だった。皮革を水で洗うと硬化したり縮んでダメになってしまう。汚れてしまったものは、高いお金を払ってクリーニングに出すか、捨てるしかなかった。「皮革が普通の衣類のように洗える」これは多くの消費者の望みに違いない。

続きを読む

ねじ締結の落とし穴~締付けトルクを管理しても緩むのはなぜか

 「ねじが緩んだので締付けを強くしました」これは必ずしも正しくない。ねじの使い方が間違っている場合、締めれば締めるほどよく緩む。ねじ締結で問題が起きた際、緩めたにせよ、強めたにせよ、標準的な締付けトルクを逸脱する形で問題を収めたら、締結の信頼性か、強度のどちらかが犠牲になっている。

続きを読む

1 / 11123...510...end