研究」タグアーカイブ

庭木の灌水システム

去年の夏は日照りが続いた時期があり庭木の水やりに苦労した。そこで今年は写真のような灌水システムを構築した。広いエリアを灌水するためには細いチューブ状のものが便利である。穴あきチューブなどが市販されているが私が選んだのはウオーターチューブと呼ばれる多孔質のゴム製ホースである。水がホースからジワジワ滲み出すもので、散水というより染み出した水を地面に染みこませるタイプである。 続きを読む

ミジンコの培養1~検討を開始

kingyohon1kingyohon2

 ミジンコは最高の生餌の一つに違いない。40年前、近所に金魚の養殖場がありそこにはミジンコもあった。金魚を買うと一緒にミジンコを入れてくれたし、ミジンコだけを買う事も出来た。30年前はミジンコを自分で増やそうと取組んだことが何回かあったが成功しなかった。今回はそのリベンジである。 続きを読む

洗車スポンジ濾材12~洗車スポンジ濾材のライバル

当サイトで洗車スポンジ濾材を紹介してから13年になる。アクア用濾材の定番としてすっかり定着した感がある。近年、類似商品が登場してきたので、従来あるものを含め定性的な比較をしてみた。洗車スポンジを角切りしたものと同じ商品はないようだ。 続きを読む

錆止めに使える透明コーティング剤はあるか1

 防錆といえばこれまで塗料が主であり、皮膜は非透明なのが普通だった。透明な錆止め塗料があれば、外観を変えずにいろんなものを長持ちさせることができる。
 ルミナスなどクロムメッキのスチール製品を水周りに転用したり、これまで決め手の無かった自転車のような屋外鉄製品を綺麗な状態のまま長期間維持することが出来るかもしれない。 続きを読む

グリーンウォータと対策

太陽の光が直接、間接的に当たる場所に設置した水槽の多くはグリーンウォータになる。これは植物プランクトンの増殖が原因だ。水槽内の魚にとっては有益で硝酸塩の固定にも寄与するが、水槽の中が見えなくなるため鑑賞目的には有害である。 続きを読む

「田砂」に塩酸処理は必要か

tazuna2田砂はドジョウ、コリドラスや貝類の飼育によく使われている。その魅力は自然な風合いにある。当館では熱帯魚から電気代がかからない常温淡水に飼育のスポットが移行しており、今回はマシジミを飼育するため田砂を導入してみた。 続きを読む

ミミズ生ゴミ処理4~ミミズ処理の結論

 以前バクテリアを利用したバイオ式の生ゴミ処理を試行した。その結果、維持管理が難しく処理物の始末に困るなどの課題があり一般家庭で運用するのは困難との結論を得た。次の手段として、ミミズを利用した生ゴミの処理について検討した。
 ミミズはバクテリアが苦手とする水気の多いもの(スイカ、メロン)、炭水化物(ご飯、うどん)、セルロース(ドリップペーパー、紙くず)について分解を得意とするため、バクテリア分解との相乗効果により高い処理効率が期待できると考えた。

続きを読む

ホームシアターを作る1~進歩したサラウンドシステム

 ホームシアターを作る際、サテライトSPの配線が問題になる。我が家では新築設計の際に、1Fのリビングと、2Fの視聴室にホームシアターを作ることを想定して、サテライトSP用の先行配線とターミナルの設置をした。
 今回はこれを利用して1Fリビングにホームシアターを作ったので、ご紹介する。

続きを読む

5 / 11top...456...10...end