DIY」タグアーカイブ

洗車スポンジ濾材のまとめ

 当サイトで洗車スポンジ濾材を紹介してから、そろそろ20年になります。いまではアクアリウム用濾材の定番の一つとして、定着したように見受けらます。
 今既に実践されている方や、これから実践される方々が当サイトの情報を利用しやすいよう、あちこちに散らばる記事をまとめました。洗車スポンジ濾材のアイデアが、アクアリウム成功の手助けになれば幸いです。


 

製法

作り方をご紹介。身近な材料で安く作れますが、少しコツがいります。

洗車スポンジ濾材の作り方

近年パクリ記事を多くみかけるようになりました。製法を紹介する場合は、必ずこちらを参考にリンクを設置し出典を明確にしてください。

 

濾過システムの作り方

洗車スポンジ濾材を使ったろ過システムの作り方です。

濾過システムの標準構成

 

Q&A

過去にいただいた質問をまとめました。

洗車スポンジ濾材のQ&A

 

検証の経緯

1999年から2005年にかけて検証してきた経緯をご紹介します

洗車スポンジ濾材12~洗車スポンジ濾材のライバル

洗車スポンジ濾材11~洗車スポンジ濾材はこうして生まれた

洗車スポンジ濾材10~水中ではほとんど劣化しなかった

洗車スポンジ濾材9~スポンジ濾材は詰まるか

洗車スポンジ濾材8~3年後の様子

洗車スポンジ濾材7~スポンジ濾材の寿命は永遠か

洗車スポンジ濾材6~塩水で働くバクテリアの様子

洗車スポンジ濾材5~成功と失敗例

洗車スポンジ濾材4~スポンジ濾材は詰まるか

洗車スポンジ濾材3~11ヶ月後の様子

洗車スポンジ濾材2~嫌気性濾過能力はあるか

洗車スポンジ濾材1~3ヶ月後の様子

究極の濾材を発見?~洗車スポンジ濾材の検証を開始

 

<参考購入先>
洗車スポンジ濾材EX (現在取り扱っていません)

<関連記事>
濾材の濾過能力を計算で求める
アクアリウム用濾材の選び方(シポラックス、パワーハウス、etc..)
スポンジ濾材の耐薬品性をテストしてみた

 

サブウーファーの置き方と音の遅れの改善方法~もうこれで遅い!とは言わせない

 ホームシアターではサブウーファーが使われるが、買ってきてポン置きしただけではその性能を十分発揮できないことがほとんどだ。そして「サブウーファーの音は遅れる」と評され、その原因がサブウーファーにある、とされている。

 今回は、サブウーファー単体の遅れの改善にトライし、「遅れる」と評される真の原因を突き止めた。そして、サブウーファー本来の性能を発揮できる最適な置き方を検討した。

続きを読む

スピーカーのインピーダンス特性を測る

 スピーカーのインピーダンス特性は、最低共振周波数、バスレフポートの共鳴周波、共振倍率Qといったスピーカーシステムの特性や、エンクロージュアの問題点を教えてくれる。

 インピーダンス特性は、抵抗とICレコーダーがあれば、誰でも簡単に測れる。今回はこれらの道具を使って測る方法をご紹介したい。

 

続きを読む

失敗しないマウスの選び方~ラバーコートのべたつきを直す

 マウスを頻繁に買い替える人が多い。私もその一人だった。それほどこの市場にはロクな商品がない。私たちが欲しいのは、普通に使えるごく普通の商品。それが見つからないのだ。

 私は過去、ゲーム用のマウスでそれを見つけた。logicool MX518。手になじんだこのインターフェースは空気や水のような存在になっている。MX518の発売は2008年。とうの昔に廃番になっていているが、私のMX518はメンテを繰り返して未だ現役。

続きを読む

CPUに付いている古いグリスの落とし方~エタノールで油は落ちない

 グリスの除去方法について検索すると「アルコールを使いなさい」とするアドバイスが多い。アルコールといってもいろいろある。ここはおそらく、IPA(イソプロピルアルコール)のことだが、勘違いして無水エタノールを使ってしまうケースが多いようだ。

 IPAのほか、灯油も使えるが、こちらはあまり知られていない。

 

続きを読む

クルマの異音がどこから出ているのか調べる方法

 最近のクルマは静かになった。これと同時に目立ってきたのが「異音」。「カタカタ」「ビリビリ」といった音が出ると、クルマの価値が下がったように感じる。
 異音対策が難しいのは、それがどこから出ているのか、わかりにくい為だ。メーカーや販売店にとっても、異音のクレームは最も厄介な問題に違いない。

 ネットには異音対策を紹介する記事がある。ところが、肝心の音源の調べ方について書かれた記事がほとんどない。原因がわからなければ、対策も始まらない。

 そこで今回は、クルマの異音がどこから出ているのか、調べるための調査の進め方と、その対策手段についてご紹介する。

続きを読む

コーヒーメーカーを長持ちさせる2~ハリオV60保温プレートをステンレスに

 写真はハリオV60。購入1年後に保温プレートがダメになり、ローバルで亜鉛メッキして1年経つ。亜鉛めっきすると錆にくいが、汚れが焼きついて落ちない。結局汚く見えることに違いはなかった。

  多くのコーヒーメーカーが保温プレートを鉄で作って買い替え需要を喚起しているが、ハリオV60の保温プレートは板だけ外せる。「いっそステンレスにしてしまおう」そう思って交換してみた。

 

続きを読む

あなたの知らないCPU放熱グリスの選び方~インテルCPUは隙間になる

 市場には数多くのグリスがあり、熱伝導率の高さを競っているように見える。そのため、熱伝導率の数字が高いほど、よく冷えると思って選ぶ人が多いようだ。そんなグリスを使ってみて、次の経験をしたことは無いだろうか。

「固くて塗りにくい」「クーラーが固着して剥がれない」
「クーラーを外したら粉になっていた」

続きを読む

ポストの選び方~屋外金物の錆対策

 我が家のポストはユニソンのアスカーノ。値段は取付込で4.4万円だった。厚みのある鉄板が使われていて重量は6.4kgもある。削ってみるとスチールに下塗り+焼付塗装。塗膜は結構厚みがある。パネルはステンレスというが磁石が付くもの。塗膜の一部に膨れがみられ下地が錆びている様子。設置して9年。よく持った方かもしれない。今回アスカーノが錆びたのをきっかけに、ポストを選んでみた。

続きを読む

スーツケースの選び方~防水スプレーを超える撥水加工をする

 最近のビジネスシーンではパソコンが必須になっている。ノートパソコンの重さは1キロを超えるものが多く、2キロ近い商品もある。そんなパソコンを手鞄やショルダーバッグに入れて持ち歩くのは結構しんどい。重いものを長時間手に持つと健康に悪い。姿勢が崩れ腰や肩を痛める可能性から、営業マンにリュックを持つよう勧める事業者もあるようだ。

続きを読む

1 / 11123...510...end