タグ別アーカイブ: 省エネ・節約

鍋の選び方

 一口に鍋と言っても沢山の種類がある。皆、値段や重さなどをみて「なんとなく」選んでいるのではないだろうか。効率などの違いはあまり気にせず「鍋とはこんなもの」「どれも大差ない」と思われている。買ったときにちょっと大きすぎた(小さすぎた)と思うことがあっても「ま、いいか」で済まされ、それが使えなくなるまで買い換えない。
 鍋の効率は沸騰時間に現れる。麺類を茹でるとき大量の水が要る。説明書き通りの水を使うと沸騰まで時間がかかりすぎてやってられない。説明書よりずっと少ない量で茹でている人が多いのではないか。効率の良い鍋を使うとこの沸騰時間を短縮できる。今回は効率に注目して鍋を選ぶポイントをまとめてみた。

続きを読む

生活家電の値段は、いくらくらいが妥当か

 9年使ってきた洗濯機(パナソニックNA-FS801)にとうとうお迎えが来てしまった。今年オーバーホールしたばかりなのに、パルセーターのスプラインが完全に磨耗してツルツルに。どうやら、コタツ布団を無理に押し込んで洗ったのがいけなかったらしい。
 新しく買った洗濯機の出費は8万円。大物家電が壊れると、大抵の人は突然の高額出費に嘆く。はたして、8万円の出費は高いのか安いのか。 

続きを読む

電気温水器の選び方~三菱ダイヤホットは設計不良か

DSC01615a DSC01616a

写真は8年目の電気温水器 三菱 SRT-37C2 (200V 370L 高圧エコオート)。雨でもないのに土台が濡れている。調べてみるとタンクが水漏れしていた。フロントカバーを外すと内側は水滴でベタベタ。幸い、プリント基板は無事だった。

 

続きを読む

防湿庫でレンズを保管するとバルサム切れする?~防湿庫の選び方

 カメラやレンズを風通しの悪い場所に放置するとカビることが知られている。カメラの保管湿度は30〜50%RHが奨励されているが、これは「相対湿度」の話。相対湿度は温度とセットで考えないと片手落ちだが、このことを意識している人はあまりいない。

 また、乾燥のさせ過ぎ(過乾燥)は悪いとされ、その理由が「潤滑油が乾くから」とする記事をみかけるが、湿度と潤滑油の乾きにどういう関係があるのか、理屈で説明できない。私には根拠のない噂話に聞こえる。
 水分の過乾燥による悪影響は樹脂部品の変形収縮くらいしか思い浮かばない。いずれにせよ、乾燥と湿度については「大きな変動」が良くないのは確かだ。

続きを読む

エアコンはなぜカビだらけになるのか2〜フィルタにフィルタを被せる

 エアコンは使ううちに埃が溜まり、そこにカビがつく。この原因は、フィルタの性能が低いせいだと以前書いた。クルマのフィルタは十分改善されたが、家庭用は30年も前からザルのような性能のフィルタを付けたエアコンを作り続けている。お掃除ロボットはザルの掃除をやるだけ、クリーン運転機能も解決になっていない。
 このザルフィルタの性能を補う商品がある。3Mの「フィルタレット」。3つのグレードがあり、今回は真ん中のグレード「赤い箱」を購入した。

続きを読む

蛍光灯をLEDに置き換えると暗くなる!?

 「LEDに替えたら暗くなった」これは以前よく聞かれた感想だ。今は「LEDに替えたら明るくなった!」という声が聞かれる。これは明るさが「全光束」(全方向の合計値)で評価される形に変わった為だが、このせいで交換前の電球と同じW形のLEDを選ぶと明るくなるケースが増えた。LED電球は高価なので、より低いW形で交換前と同じ明るさを実現できるならそれを選びたい。LED電球の損得を分析した記事はたくさんあるが、このあたりに注目して指針を示したものはほとんど見かけない。

続きを読む

1ヶ月で切れるパルックボールプレミア~LED電球は本当にオトクか

 ネット上には高効率のスパイラル電球(蛍光灯)をLED替えても経済効果が無いとする分析をみかける。このような記事の大半はカタログ公称値をベースに試算した結果にすぎない。LED電球の寿命は4万時間といわれるが十分な実績はまだなくもっと早く切れてしまうこともあるようだ。一方、蛍光灯の寿命は12000時間をうたう商品があるが実際にそこまで持ったという話はあまり聞かない。これらの電球が寿命より早く切れてしまうケースは確かに存在し、カタログ公称値を使った経済効果の試算は実態と合わない。

 なぜ、電球は公称値より早く切れてしまうのか。このことについて「運が悪かった」「たまたまハズレを引いた」「メーカーの数字はアテにならないね」で片付けていないか。早く切れてしまう原因をきちんと押さえ適材適所で使えば、カタログ値を上回る寿命を達成することも不可能ではない。 続きを読む

エアコンはなぜカビだらけになるのか〜30年進歩の無い欠陥

 エアコンは使ううちにほこりが溜まり、そこにカビがつく。スイッチオンで臭いカビ匂と胞子がドバっと外にでる。この問題は避けられない事でエアコンとはそういうもの、と思っていないだろうか。
 最近のエアコンにはクリーン運転機能がついている。これは停止後に送風暖房を一定時間行うことでカビの原因となる水分を蒸発させる機能で、カビの繁殖を抑えるのに一定の効果がある。カーエアコンも以前述たように到着5分前にAC OFFして送風にすれば同じことが可能だ。しかしこれも、カビだらけになるまでの時間を延ばしているにすぎない。 続きを読む

軒下に雨水を~雨水誘導ワイヤー2

以前雨水誘導ワイヤーを紹介した。雨水がかからない軒下の植栽に雨水を誘導する仕組みだ。効率に問題あったが、うまく誘導できる仕組みが出来たので紹介する。先端をワイヤーの間隔に等しい長さ分延長して90度曲げ、水平から20度~45度の角度を上方向につけ壁面に固定する(PAT.Pend)。下はそのようにした施工写真。

続きを読む

こんな保険会社と契約してはいけない

 自動車保険にしろ、健康保険にしろ、私たちが支払う保険料は、

保険料=純保険料+経費(付加保険料)

から成る。前者は実際に保険の支払いに使われる分で、後者は社員の給与や広告宣伝費などに充てられる。両者の割合は今まで謎で、聞いて教えてくれるような情報ではなかった。 続きを読む

1 / 3123