タグ別アーカイブ: 発明

サイフォン呼び水の失敗をゼロにする

 サイフォンはいろんなところで利用される。身近なサイフォンの例は灯油をストーブに入れるときのホースだ。サイフォンの原理を知らず、満タンになるまでひたすらシュコシュコやっている人はあまりいないと思う。

 サイフォンのいいところは無動力で液体をAからBに移送できることだが、使いにくい面もある。呼び水が必要なことと、止めるとき液が止まらなくてこぼしやすいことだ(出口を持ち上げてしまう人が多い)。最大の課題は「呼び水」で、ホースを持って汚水に手を突っ込んだり、クルマからガソリンを抜こうとして口に入れてしまった人はいないだろうか。

続きを読む

地球ゴマの秘密を解く~3軸ジンバルに見る不思議な挙動

 地球ゴマが2015年4月を持って生産を終了し、生産元が廃業することになった。私が持っている地球ゴマは最近買ったもの(といっても10年くらい前)だが、子供のころ売っていたものとあまり変わっていないように見える。何十年もの間、意匠もパッケージも変えずによく同じものを作り続けてきたと思う。

続きを読む

軒下に雨水を~雨水誘導ワイヤー2

以前雨水誘導ワイヤーを紹介した。雨水がかからない軒下の植栽に雨水を誘導する仕組みだ。効率に問題あったが、うまく誘導できる仕組みが出来たので紹介する。先端をワイヤーの間隔に等しい長さ分延長して90度曲げ、水平から20度~45度の角度を上方向につけ壁面に固定する(PAT.Pend)。下はそのようにした施工写真。

続きを読む

間違いだらけの洗濯機選び2~横形は剛体支持にせよ

 以前のレビューはこちら。9年前に書いたものだが、基本的な選び方は今でも変わりは無い。縦でも横でもない斜めドラムは洗濯機としても乾燥機としても成立しない。パナソニックはまだ「ななめドラム」と称して売っているが、実際は横形に近いものだ。 続きを読む

ミミズ生ゴミ処理4~ミミズ処理の結論

 以前バクテリアを利用したバイオ式の生ゴミ処理を試行した。その結果、維持管理が難しく処理物の始末に困るなどの課題があり一般家庭で運用するのは困難との結論を得た。次の手段として、ミミズを利用した生ゴミの処理について検討した。
 ミミズはバクテリアが苦手とする水気の多いもの(スイカ、メロン)、炭水化物(ご飯、うどん)、セルロース(ドリップペーパー、紙くず)について分解を得意とするため、バクテリア分解との相乗効果により高い処理効率が期待できると考えた。

続きを読む

1 / 3123