長持ちさせる」タグアーカイブ

自然塗料によるカーコート

ドイツのリボス社には、住宅木部用の自然塗料(オイルフィニッシュ)が豊富にある。これは自動車用途に転用できると考え、長期間にわたりテストを重ねてきた。その結果、これら自然塗料は市販のほとんどのワックス・コーティング剤よりも優れ、これまで保護に決め手のなかったゴム・プラスチックに対しても優れた保護効果があることがわかった。以下に、その詳細を述べる。 続きを読む

コンクリートの中性化と延命対策~新築は契約の時期に注意!

 コンクリート構造物には寿命がある。昔「アルカリ骨材反応」が話題になったが、規制が出来て対策がとられるようになり、問題になるケースは少なくなったようだ。現在、寿命に影響する主な要因は「中性化」。そこで、中性化の要因と、その対策について検討してみた。

続きを読む

アルカリの恐怖1~液漏リスクを下げるノウハウを紹介

 アルカリ電池をリモコンに入れていたら、いつのまにか液漏れしていて修理不能に。テレビやエアコンはリモコンがないと使えないので、買い替えになってしまった・・買い置きしたアルカリ電池が、いつの間にか全部パーになっていた・・ そんな経験はないだろうか。

 電池の賞味期限(自然劣化による消費期限)は、アルカリ電池が製造から2年、マンガン電池は3年というようにマンガン電池の方が長い。ところが電池の容量は、アルカリ電池の方が大きいので、アルカリ電池の方が長く持つ。この性質の違いが、様々なトラブルを生む。

続きを読む

ガステーブル選びの勘所

 ガステーブルは家庭で欠かせない調理器具である。IH式のものもあるが、ランニングコストが安く価格も手頃なガステーブルは多くの家庭で重要なアイテムである。私のところにあるガステーブルは既に5年経過しており、かなり傷んできたため、買い換えを検討している。ところがガステーブル選びに関しては、ほとんど情報がない。そこで、今回はガステーブル選びに関して考えた結果をまとめてみた。 続きを読む

ツヤ出し保護剤の選び方~ツヤ出し保護剤はツヤ出し劣化剤か

 R23スカイラインを所有していた頃、シリコンを乳化させた白いツヤ出し保護剤なるものをゴムやプラスチックのほとんどの部分に多用していた。これら保護剤の能書きには、素材に浸透し、紫外線、オゾンなどから保護するとある。

 しかし、この保護剤を塗った部分に白い瘢痕が出現したり、保護剤が染み込んだ部分がはがれてクレータが発生する現象を体験している。少なくとも、こういったケミカルを使って、使わない場合より劣化が明らかに少なくなったという経験はない。

続きを読む

接点復活剤の選び方~なぜファミコンカセットの接触は改善しなかったのか

「ドラクエやってる最中にカセットに触れて画面がフリーズ・・」
「何回か挿し直さないと画面が映らない」

 ファミコンで遊んだ人のほとんどが、これに似た経験をしたはず。このような不具合の原因は、ファミコンのカセットと本体の接触不良。当時、この問題を改善するための商品がいろいろ市販されていたが、どれもあまり効果なかったと思う。

 

 スーパーファミコンになって接触がだいぶ改善された。写真はそのカセットの端子部。黒く筋が付いた部分が接触部。この黒いものは、端子の金属が摩耗して出来た摩耗粉。

 

 

  音楽やオーディオをやっている人は、次のような経験をした人もいると思う。

「プラグやボリウムのガリが気になり、オイルをスプレーしたら調子良くなった」
「スプレーした直後は調子良かったが、次第に調子悪くなった」
「スプレーを繰り返して油でベタベタになってしまった」

 私たちが欲しいのは、こういう問題が起こらない接点復活剤。これを見つけるために注意すべきポイントをまとめてみた。

続きを読む

長く使える時計は、いくらくらいが妥当か

 入学や就職、結婚などの節目に、モノが良くて、長く使える時計を求める機会がある。時計には、ブランド、デザイン、作りなど様々な魅力があるが、それらはひとまず横に置いて、「長く使える」ことだけに注目し、これに対して支出するコストはいくらくらいが適当か、考察する。 続きを読む

7 / 8top...678