初心者に難しい!?アクアリウムという趣味

 アクアリウムを始めると、水槽を立ち上げる過程でいろんな現象を体験できる。初めての人にって、それは未知の未体験ゾーン。ドキドキ、ワクワクの連続だ。水槽が完成したときの喜びと満足感はとても大きいと思う。ところが、アクアリウムという趣味には難しい面がある。

 

飼育セットの落とし穴

 ペットショップに行くと、1万円前後で60cm水槽に濾過装置、照明、ヒータ、温度計、塩素中和剤などが入ったいわゆる飼育セットがあり、イニシャルコストはかなり低い。大抵の人は、このセットを買って説明書通りにすれば、魚が飼えると考える。

 ところが、実際そう簡単にはいかない。水槽の中はコケだらけになり、魚は次々と死んでいく。飼育セットを買った人の多くは苦労していると思う。

 

試行錯誤を始めて10万円オーバー

 せっかく水槽を買ったのだから何とかしようと、本を買ったり、病魚薬を買ったり、バクテリアを買ったり、魚を追加したり、濾材を変えてみたり、餌を変えてみたりと、試行錯誤が延々続き、出費はどんどん増えていく。

 水草を始めれば、砂、水草、肥料、外部式フィルター、CO2添加装置、照明追加、各種試薬、PHメータ、PH調整剤、コケ抑制薬、トリミング用のピンセット・・というように、また出費が重なる。気が付いてみれば、これまで投資した金額は、かるく10万円を越えていたりする。

 

どうしてうまくいかないのか

 このうまくいかない原因を、一般庶民が解明し、答えを得るのはかなり困難だと思う。本を見ても書いてないし、店員に聞いても教えてくれない。さらに、アクア業界では、効果の疑問な商品が多く出回っており、気を付けないと無駄な出費を積み重ねる構造になっている。

 皆が失敗する原因は、本当に必要な飼育技術に関する情報が世の中にほとんど公開されていないことだろう。そのため、多くの人が、紆余曲折、試行錯誤を繰り返し、時間の浪費と無駄な出費、小さな命の犠牲を積み重ねたあげく、答えを得るか、諦めるかの、どちらかの結末になっているようだ。

 

当サイトの役割

 当サイトでは管理人自らアクアリウムに取り組み、苦労の末に見つけ出した多くの知識を提供している。

 アクアリウムは確かにお金がかかる。しかし、このページの情報を、これからアクアリウムを始める人が利用することで、無駄な試行錯誤や、余計な出費をかなり抑えることができるに違いない。

 例えば、最も重要な構成要素である濾材は、カーショップで洗車用のスポンジを買ってきて裁断するだけで、アクア用として市販されているあらゆる商品を凌駕するくらいの性能を発揮する。

 このページが、これからアクアリウムを始めようとする方に役立てば幸いだ。

 

<関連記事>
アクアリウム アクアリウムの記事をまとめた総合ページです
アクアリウム初心者がたどりやすい失敗のプロセス