CPCペイントシーラント~5年保障は本物か

 2000年頃ディーラーで貰ったチラシ。当時はほとんどのディーラで扱っていた。コートの皮膜はテフロンが主体で、5年保証するという。

 酸化チタンは白い粒子のため、ワックスのようなツヤは期待できない。濃色車に塗ると白くボヤけた感じなってしまうだろう。そのため、このコートは濃色車には向かないとされる。

 酸化チタンそのものの寿命は半永久的だが、クルマの塗装面にはバインダーで固定しなければならない。従い、コーティングの寿命はバインダーの耐久性によって決まってしまう(このあたりはフッ素樹脂と同じ)。

 

 

 

 1年ごとに点検を行い、状態が悪い場合は無料で再施工するという。新車コートでこれほど長期の保障が付いた商品が他に見当たらなかったこともあり、R34スカイラインの購入を機に施工してみた。

 

 チラシの裏面。スカイラインクラスで55,000円+2,450円。テフロンが本物なら、とても良い商品かもしれない。

 

 このコートをすると専用のメンテナンスキットをくれる。中身は、クリーナふき取り用の専用布、スポンジ、水ふき取り用合成皮、メンテナンスクリーナなどであり、それらが専用のプラスチックケースに入っている。

 

 

 メンテナンスクリーナの成分は珪藻土と有機溶剤。ワックスのように見えるが微粒子のコンパウンド。試しにCDに塗布してこすってみたが、キズが付く様子はない。粒子が非常に細かいようだ。 これは、皮膜が落ち着く前にボディ表面にこびりついた微粒子を落とすのが目的という。
 納車後はこのメンテナンスクリーナで定期メンテすることになっている。

 納車後、よく見ると白いワックスの拭き残しのようなものがみられた。表面を触ってみると、シリコン系ワックスでも塗ったようなスベスベ感があり、水をはじく。だが、皮膜のようなものは見えない。普通にワックスをした後と見分けがつかない。

 


 

TOTOハイドロテクト

 

 1999年頃、酸化チタンを使ったボディコートが実用化された。このボディコートは、雨が降り、日光にさらされるほど汚れが落ちてクルマがきれいになるという。屋外駐車のオーナーにとって、理想に見えるコーティングだ。 但し、良いことばかりとは限らない。

 

 

 

 

 酸化チタンで汚れを落とす原理は、水と光による酸化作用だ。とすると、同時に塗装面も劣化させる恐れがある。おそらく、これを防ぐために下地コートをすると思う。この下地コートもコーティングの寿命を左右する要因だ。

 酸化チタンのコーティングサービスを始めたと言うことは、この辺の課題をある程度クリアしたのかもしれない。

 

 


 

(2003/10/5追記) CPCペイントシーラント、TOTOハイドロテクトその後

 CPCペイントシーラントをスカイラインに施工して3年。TOTOハイドロテクトをプラッツに施工して4年。これらの結果についてご紹介する。

 

 CPCペイントシーラントのその後

 施工後約1ヶ月で表面のワックス成分が流れ落ち、水はじきがなくなった。何となく汚れが落ちやすいと感じたのは施工後半年くらいまで。

 3年たった今では、バンパーにこびりついた虫はなかなか取れないし、鳥の糞や水垢の落ちに関しても、何もしていない場合と大差ないように見える。

 以前施工したPIT WORKのキララ[3]は、保証が切れた後、部分的に残った皮膜を確認できた。しかしこの商品は、何も見えない。表面にコーティング皮膜があるのかさえ疑わしい。

 CPCペイントシーラントは定期的に点検を受けないと保証が無効になるという。そのため毎年点検を受けているが、4年たった今も相変わらず。何もしていないのと大差ない。

 点検を受けるといつも合格印をくれるが、目視で確認できない皮膜の状態をどうやって検査しているのだろう。ディーラーのサービスに検査方法を聞くと、具体的な判定基準などは無く、パッと見て綺麗ならば良しなのだという。

 わずか数ミクロンの被膜が何年もそこに存在し、ボディを保護することについては疑問だったが、効果が無くなったら再加工してもらえばいいと考えていた。しかし効果に関する具体的な判定基準が存在しないのでは、保証がないのと同じ。騙された。

 

TOTOハイドロテクトのその後

 効果の持続期間が6ヶ月と常識的で、それなりに効果があったように思う。しかし6ヶ月という期間はあまりにも短い。あっという間にすぎてしまう。そのたびにお金をはらって再加工というのでは、なかなか続ける気にはなれない。これがこの商品の欠点だった。

 ハイドロテクトはやめるときに除去加工が必要で、これを怠ると問題が起こると言われている。それが下の写真。

platz4 これはハイドロテクトを1回施工した後、除去しないで3年経過した様子。白っぽい付着物がボディに付いているのがわかる。これはおそらく酸化チタン。頑固にボディにこびりついている。

 見た目は汚いが、酸化チタンそのものは劣化しない。これはこれでボディを保護しているといえなくはない。幸いなことにクルマの色がシルバーの為目立たないが、別の色だったら問題が起こることが想像付く。

 

 酸化チタンの残留物は爪で引っ掻くと取れるので、磨きをかければ綺麗に全て取り除けそうだ。いずれにしても、このように加工後4年後も被膜の存在が確認できることはすごいことだ。

 

<関連商品>
コーティング商品 新車にコーティングは要らないと考えています

<関連記事>
自然塗料によるカーコート
日産 ポリマーコーティング キララ