トヨタdB~乗る人のライフスタイルを実現できるクルマ

 金色のストライプテープ(オプション)を付けた黒のdBに、怖そうなオヤジが乗っているのを目撃した。そのオヤジは、丸刈りの四角頭にチョビヒゲで海坊主を連想させる。その姿が見事にこのクルマとマッチしていた。

 dBは、ライフスタイルを表現できる数少ないクルマの一つだ。

 

 新しいものが世に出て成功すると、それを妬む人が現れる。その人たちはこう言う。

「私はずっと前から同じことを考えていたんだ」
「似たようなものが前もあった」

わかっていたのなら、なぜ行動しなかったのだろう。

 それは、リスクを犯す勇気がなかったためだと、私は思う。世の中にない新しいアイデアは、先に市販したもの、つまり、最初にリスクを負ったものが評価されるべきだと、私は思う。

 

トヨタdBは不夜城のパクリ?

 dBはトヨタ車のなかでもとりわけ個性の強いクルマだ。真っ黒いdBはガクランの帽子、番長、ワルをイメージさせる。

 dBはホンダがモーターショウで公開した不夜城コンセプトのサルマネと批判する評論家がいる。しかしコンセプトカーというのは市販されるとは限らない。

 

第33回東京モーターショー資料 ホンダ不夜城の写真

出典:HONDA 第33回東京モーターショー 展示概要資料

  コンセプトカーを実際に市販する場合はリスクを伴う。不夜城(写真)のコンセプトはかなり個性的。市販のリスクは大きい。

 

 dBはヴィッツをベースにお手軽に作られたクルマだという。それでもトヨタはリスクを負って市場に出し、見事に成功した。未だにホンダから同様のクルマが出てこないことを考えると、リサーチだけで市場に出すつもりはなかったのではないだろうか。

 もしホンダが不夜城を先に市販していて、後からトヨタがdBを出したらサルマネと言われても仕方がない。しかし、今回の場合は、トヨタが自分でリスクを負ったのだから、批判される理由はないのではないか。

 

<関連商品>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤