運転が難しい自動車学校の教習車

 自動車学校で社会人講習を受けた。久々にMTの教習車を運転して驚いた「なんて運転が難しいクルマなんだ!」。クルマの免許を取ろうとする初心者がこれで練習しているのが信じられない。MTが難しく思えるのは当然のことだ。

 

 自動車学校の教習車は、国産ミドルセダン。見た目は結構いい。しかしエンジンはガラガラでトルクは無いに等しく、足回りはショックアブソーバーのガスが抜ているのかフニャフニャ。ロール剛性など皆無に等しい。中身はポンコツそのもの。

 トルクが無いため、いつものシフトアップ操作では加速しない。タイミングが早いとカラカラノッキングのような音が聞こえる。ローからセカンドのシフトアップはエンストしやすく、クラッチミートにかなり気を使う。

 いったいどんなタイミングでシフトアップ、クラッチミートすればスムースに走るのか? 私は教習期間中、ついにタイミングを掴むことが出来なかった。

 いつもの調子で交差点を曲がろうとすればグワーっとロールする。「おーっトット」と蛇行運転になってしまった。交差点を曲がる際は、相当スピードを落として慎重にステアリングを操作する必要がある。

 

 自動車学校すべてのクルマがこうだとは思わないが、これでは難しいと感じて当然。「シフトアップのタイミングが掴めない」と悩む人が多いのは、最もなことかもしれない。

 

<関連商品>
運転免許のノウハウ書