カーデザインのコピー問題~中国のようなコピーを続けるトヨタ

 2000年10月、トヨタからマークII (X110型)が発表された。大いに期待していたクルマだが、スタイルを見た瞬間に候補から消えた。新しいマークIIのスタイルは外も中もメルセデスそっくり。リアはメルセデスのそのままコピーだった。

 

コピー商品の価値は本物の半分!?

 世の中、マネの全くないクルマを探すのは難しい。しかし、露骨なマネには嫌悪感を感じる。一般消費者はこのマークIIを「ベンツみたいで、いいじゃないか」と思うのだろうか。ベンツのコピー商品に乗ることに、抵抗を感じないのだろうか。

 

「オッ、新しいベンツか??」「なんだ偽物か」
「クルマなんて、走りゃあいいのよ」

 

そんな声が聞こえてきそうだ。

 私は、もしマーク II を買った後でベンツのコピーと知ったら、自分の車の価値が、半分になったように感じる。

 他の人も、駐車場でたまたま隣がベンツのときに自分のクルマが劣化コピーと気付くはず。そのとき少しくらいは残念に思うのではないだろうか。

 

セルシオのコピー問題

 最近出たトヨタの新車ではセルシオ(XF30型)にも問題を感じる。というのも、最近騙されたことがあった。

 

「おや、ウナギ屋の駐車場にベンツが停まっている。白線からはみ出てるし。横暴な駐車だ」

問題のクルマは、横側を私に見せていた。

「あの大きさからすると、Sクラスだろうか」

くるっと回って、リアを見ると

「あれ、セルシオじゃないか!」

 

 セルシオは、どこから見てもSクラスそっくり。佇ずまいまで似ているので、クルマにあまり関心のない人には同じに見えるかもしれない。

 前のセルシオ(XF20型)は後ろからみればBMW、フロントからみればベンツという情けないものだった。今回はコピーのお手本が1本に絞られた分、進歩したといえる。

 

モノが良くても所詮はコピー

 コピー商品はオリジナルより劣るというのが通説で、それによって「ニセモノ」という非難ができるのだが、セルシオの中身はコピー元のベンツより品質などの面で良い部分もある。それでも他人のフンドシ(デザイン)を借りて売りたいと考える姿勢が情けなく思えて仕方が無い。

 マークIIは、モデルチェンジの度にスタイルがガラっと変わる。まるで流行に合わせてスタイルをコロコロ変える女性のファッションのようだ。トヨタともあろう立派なメーカーが、中国のようなコピーや一貫性のないモノづくりをいつまで続けるつもりだろうか。

 

 みつを氏流に私も詩をつくってみた。

カローラはカローラであるかぎりそれはほんもの、
カローラをベンツに見せようとするから、
ニセモノとなる。

 

<関連商品>
カースタイリング
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

<参考文献>
トヨタ・マークII
セルシオ