フェンダーミラーはどうして消えたのか

 私が自動車学校で免許を取ったとき、教習車にはフェンダーミラーがついていた。しかし自分のクルマを最初に持ったとき(1990年頃)、フェンダミラーのクルマは市場から消えていた。便利だったのに、どうして 消えてしまったのだろう。

 

フェンダーミラーのメリット

 フェンダーミラーには次のメリットがある。

・死角が少なくなる
・車両感覚がつかみやすい
・視線移動が少なくなる
・助手席で地図を開かれてもミラーが隠れない

 

 自動車学校では、フェンダーミラーの目印なしにS字をクリアすることは難しかった。
 助手席の人に地図を開いてナビをしてもらったとき、地図帳でドアミラーが隠れてイライラしたことがある。

 

フェンダーミラーのデメリット

 デメリットは次があると思う。

・停車中、歩行者や自転車が引っ掛けやすい
・角度の調整が面倒(昔の話)

 

 フェンダーミラーの時代、停車中のクルマの横をすり抜けるとき引っ掛けたことが結構あった。半壊しているミラーを見かけたことがある。角度調整については、電動ミラーが普及した現代では問題ない。

 

どうして消えたのか

 デザイン(スタイリング)のため、という話があるが、定かではない。私は一時の流行が定着した結果ではないか、と考えている。つまりドアミラーにしたら斬新さが受けて売れた。これをきっかけに全部切り替えてしまった、というのが本当のところかもしれない。

 機能的にはフェンダーミラーの方がずっと優れていて、運転しやすくなるはずなのだが。

 

視線移動について

 最近、次のようなセールストークをみかける。

 

「センターメータは、視線移動を少なくするための工夫です」

 

そういうことでセンターメータが流行っているが。私は視線移動を問題にするなら真っ先に手を付ける場所はドアミラーのはず。

 ドアミラーの視線移動に比べたら、メータの視線移動など問題にならないくらい少ない。見る頻度もメータよりもドアミラーの方が多いのではないか。

 センターメーターの現実は、従来とほとんど変わりないか、逆に視線移動を大きくしている。センターメータも所詮、メーカーが商売に都合いいように作った宣伝文句に過ぎないと考えている。

 

<参考購入先>
フェンダーミラー一覧 後付のフェンダーミラーが売られています
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤