オーディオ機器のクオリティを見抜く~出力インピーダンスを測定比較する

 数百万円のアンプや数万円のケーブルが市販されている。これらに価格相応の価値があるのだろうか。これまでは、それを知る手段がなかった。簡単な測定でその価値を知る方法を考案したのでご紹介する。

 

出力インピーダンスに注目する

 「出力インピーダンス」は音のクオリティを左右する重要なスペックだった[1]。これを実機で知ることができれば参考になる。

 ところが、出力インピーダンスをカタログに明記しているメーカは少ない。不明な場合は調べるしかない。幸い、出力インピーダンスは分解して調べなくても外から測定することができる。

 

出力インピーダンスを測る方法

 図はON/OFF法による出力インピーダンス測定回路。中央の縦線から左が測定対象(CDプレーヤ、プリアンプなど)。Rxが未知の出力インピーダンス。Rxを測定する回路は、抵抗RDと、スイッチ、交流電圧計によって構成される。

 RDの値は、一般機器の場合200~500Ω、パワーアンプの場合 2.2~4Ωの5W以上のセメント抵抗を使う。

 

出力インピーダンスを測定するための回路図

 

 測定方法は次の通り。

 まず、1KHz 0dB(1Vrms)の正弦波が記録されてるオーディオチェック用CDなどを再生して、スイッチを開いたときの電圧計の読み、これをVoutとする。次にスイッチを閉じて同じように電圧計を読み、これをVとする。スピーカーの場合は出力電圧を1.5Vrms程度として測る。

 未知の出力インピーダンスRxは、図の式で求めることができる。右辺を事前に計算してグラフにしておけばV/Voutの比率から直ちにRxを求められる。右はそのRD=200Ωの場合のグラフ。

 注:200Ωで0dBの正弦波を再生すると5mA の電流が流れる。これはおそらく問題ない。パワーアンプは1.5V 2.2Ωで0.68A (1W)流れるので注意したい。測定は自己責任で。

 

出力インピーダンスの測定結果

 ON/OFF法で測定した出力インピーダンスの一覧表を次に示す。

表1.オーディオ機器の出力インピーダンス
(1KHz Sin,RD=330ohm (2002/5/12)

機器名 メーカ Rx(Ω) 価格 備考
PD-N901 パイオニア 931 アンプとコミで5万くらい ミニコンポ CDチューナ
DCD1650G デンオン 101 99,000
JA3ES SONY 902 108,000 MDレコーダ
A-10 TYPEIV NEC 600 125,000 プリアンプ出力、カタログデータ
CD-23 マランツ 101 200,000 公称150ohm
D-500 ラックスマン 203 250,000
C-275 アキュフェーズ 47 480,000 公称50ohm
DP-75 アキュフェーズ 48 580,000 公称50ohm

 

  出力インピーダンスは高級機ほど低い数値になっていることがわかる。中にはDCD1650Gなど値段の割に低い機種があり、価格の割に音の良い商品と見られる。

 

 

ケーブルの特性を測定する

 ケーブルの特性を測定するため、次の回路を考案した。

ケーブルのシールドや周波数特性を測定するための回路図

 これは機器の出力インピーダンスの代わりにRを入れたもの。Rを十分大きくとることで、ケーブルのシールド性能や、静電容量による周波数特性の変化を観測しやすい形に拡大できる。

 Rの大きさは、数十~数百KΩ。これだけ大きければ、今まで見えなかったケーブルの性能が定量的に見えてくるはず。この方法はまだ未検証なので、機会があれば検証してみたい。

 

<関連商品>
金属皮膜抵抗 測定に適した抵抗です
オーディオチェックCD デジタル波形をそのまま記録したDENON製がお勧め
テスター 測定に必要な計測器です。sanwaか日置がお勧め

<関連記事>
1.なぜオーディオ機器は組合わせで音が変わるのか
オーディオアンプのダンピングファクターを実測比較する