「硫黄島からの手紙」と日本軍の描写

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を見てみた。興味深かったのは後者である。当時の日本軍とその精神主義の描写が正確で、とてもアメリカが作った映画とは思えないのである。これだけの描写は、本国の日本製映画でもなかなか見られない。
日本の捕虜をアメリカ兵が虐殺するシーンがあり、自国に媚びない映画作りをしている点も評価できる。

硫黄島の戦いは、WWIIで日本軍が唯一まともな防御戦をした事で知られる。詳しい戦闘経過を見たい人は下記リンクをどうぞ。

硫黄島戦の経過
硫黄島(N2戦闘指数計算例)
祖父の硫黄島戦闘体験記