24時間換気のエアフィルタをノーメンテナンスにする

 24時間換気の吸気レジスタにはフィルタが付いている。このフィルタはすぐに目詰まりするため、清掃や交換の頻度が高い。今回は、この問題を本質的に改善する方法をご紹介したい。

 

リボンで捕集する

 フィルタがすく目詰まりしてしまうのは、目の細かいフィルタを薄く使っている為。これをステンレスのたわしに置き換える。

 「たわしのような目を粗いフィルタでは、捕集に効果がないのでは?」と思うかもしれない。通常フィルタの目より細かい粒子は通り抜ける。

 ステンレスのたわしは、細かい粒子の捕集に効果があることを独自の実験で検証している。これはリボン状の線をカールさせた構造にあるようだ。

 フィルタとたわしでは、捕集の仕組みが違う。網目で構成されたフィルタは網目より大きな粒子を「通さない」ことで空気をきれいにする。しかしステンレスたわしは、リボンに粒子を引っかけることで空気を綺麗にしている。

 とはいえ、引っかからなかった粒子は通り抜けてしまう。そこで、リボンの層を厚く使う。これによって、リボンに引っかかる確率を上げることできる。つまり捕集効率の悪いたわしを厚く使うことで、フィルタと同程度の捕集効果が得られる。

 

メンテナンスフリーにできる

 リボン状のフィルタを厚く使うと、捕集した粒子が広く分散されるため、目詰まりしにくくなる(風上から風下にかけて、徐々に粒子が減る形で分散される)。薄く目の細かいフィルタはすぐ目詰まりしてしまうのに対し、捕集効率の悪いフィルタを厚く使ったこのシステムは、目詰まりするまでに長い時間がかかる。つまり、ほぼメンテナンスフリーにできる。

 それと、パイプの中にステンレスたわしを詰めると、風の強い日にパイプの中で発生する不快な気流音が軽減するという副次的な効果もある。

 


 

実例

 

施工(2009年) 

 直径100mmのパイプに対し、台所用の金属たわし(ステンレスのリボンをカールさせたもの)25g~50g使う。自然吸気の場所は25g、ファン付きのところは50g使う。

 重さを測りながら切断して、いろんな方向から引張って入れるパイプより少し大きめのサイズ膨らませる。

kanki1 ステンレスたわしを引張って膨らませたもの。たわしを引っ張る際は、軍手をはめて作業する(指を切る危険があります)。

 リボン状の線をカールさせた構造のため微粒子の捕集にあなどれない効果がある。

 厚く使うことで、クルマの排気ガスに含まれるカーボン微粒子を捕集できることを検証済み。

 

 

kanki2 パイプダクトの奥に詰めた例。パイプの奥ではなく吸気フィルタのところにそのまま配置する形もありうる。お使いの吸気レジスタにあわせて取付を検討してほしい。

 

 自然吸気のレジスタ。空気は抵抗の少ない所を通るので、外の光が見えているところは素通りする。できるだけ光漏れがないよう施工する。

 外周は隙間が出来やすいので、飛び出し防止を兼ねて入口の外周に隙間テープを貼っておくとよい。

 

 

 

メンテナンス(2018年)

 

 2018年5月(施工から9年)にフィルタを点検している様子。周辺の窓をあけておき、ビニールをかぶせて中のたわしを取り出す。

 

 9年間使ったわたしを取り出した様子。これは7カ所あるうちの最も換気量の多い吸気口のもので、かなりの埃を含んでいる。

 外側はだいぶ汚れているが、室内側は綺麗なまま。これで厚みが足りていることを確認できる。

 

 シャワーで水洗いした結果、簡単に汚れが落ちてピカピカ。これをまた元に戻せばメンテナンス完了。

 

 

 

<参考購入先>
スレンレスタワシ一覧
パイプファン/自動運転(湿度)常時換気付 【FY-08PFH8VD】
寝室や個室にお勧めのパイプファン。運転音が非常に静かで気にならない。我が家では個室を全部これに変えました
パイプファン一覧 いろいろ買ってみましたが故障しにくさ、音の静かさでパナソニック製が一番のお勧めです

<関連記事>
エアコンのカビを防ぐ〜これで10年間カビ知らず
高気密・高断熱の落とし穴~24時間換気とサッシの隙間
間違いだらけの24時間換気設計